神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

守護霊

2014年2月4日(火)19:36

守護霊は、どんな人にも、どんな悪人にも平等に皆についています。

~万円で凄い守護霊をつけますというのは、全くのデタラメです。

霊感商法そのものです。


守護霊=魔法使いと思うのは、大きな間違いです。

この世の人間と共に、守護霊も共に『修行するのです』

ついこないだ亡くなった身内のおじいちゃん、おばあちゃんはあくまでも『補助霊』です。

守護霊になるまでの、まだ資格がないといっては語弊がありますが、あくまでも補助しかできません。

あくまでも、段階(伴う長い年数が必要の様です)

色々な情報(今まで出会った人達に聞いた事)によりますと、約200年前後の前の方々、

自分の前世であったり、先祖であったり縁のあった方がとても多いようです。

又、事業をしたり、役割が大きい人となると、縁もゆかりもない全くの他人だが、その道の専門家が

勝手に後ろについて、その方の指導をするそうです。

その道を進歩させる為に多くの先輩達が力を合わせて指導鞭撻されるそうです。

勿論その方の努力や人柄も大きく影響します。

いくら頭がよくても、人格が酷い、その人の波動が低いなら後ろの応援団は付きません。

類は友を呼ぶの通りです。

よく、大きな発明、発見の陰に≪インスピレーション≫や≪偶然になった≫というのがあります。

見えない世界からの大きなプレゼントです。

守護霊に話を戻しますが、その人の魂の成長の為なら『崖から突き落とす事もあります』

そう甘い訳ではありません。又、守護霊も共に崖から落ちて共に修行をします。

いつも一人ではなく、いつも背負って一緒なのです。

その人の波動が上がれば、守護霊の波動も上がります。

又、時によっては≪はい、交代と守護霊の交代もあります≫

大きな方向転換が必要な時に、時々あります。

見えない世界は不思議な事が多いですが、全てに無駄はなく 大きな計らい(はからい)があります。

e0287115_2012189.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-04 20:02 | Comments(0)