神社とスピリチュアル


by さくら姫

<   2013年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

故郷の話

2013年3月31日(日)15:35
私の実家は熊本市内ですが、墓がある所は山里。
熊本県上益城郡矢部町(今は山都町、やまとまち)です。
ログハウスの田舎の家の向いに、水の元である水源があります。
石清水で天然水です。その水を5世帯で分け合っています。
元々は、父の母であるおばあちゃんが持っていた水源だったのですが。
いつの間にか使わせてくれ、で殆どの予算を叔父が出して近所で分け合っています。

その中の一人にAさんがいました。
この家の人達はごみというごみ(燃えるごみから粗大ごみまで)ありとあらゆるものを
、トラックに積んでは山の中に捨てるという、信じられない事を平気でしていました。
村の人がそれとはなく注意しても、全く耳を貸さず。ひどいものでした。
そうこうしている内に、その家の人達が一人、又一人と病気になり足腰がなかなか立たなくなりました。
病気になったら、なったで新興宗教の坊さんにすがって、お金ばかりを寄付しだす様になりました。
働いていないから、サラ金です。サラ金とパチンコとで、とうとう離婚して。
残されたのはおばあちゃんと息子。多額の借金。

水の出が少しでも悪いと、あの家にたくさん人が来ているせいだと人のせいばかりです。
お金は殆ど出さずにいても、いつの間にか自分の水みたいな口ぶりです。
 
水は皆の宝。山の神様。水の神様。森や自然の精霊さんからの宝です。
一人の、一つの家の「自分だけ、我よし」の言動で水が枯れてしまえば、皆の生活が成り立ちません。

お墓詣りする度に、向いの水源の周りに塩で浄め、お神酒を上げて感謝します。
水源に蓋がないので、変な輩が変な事をしない様に、結界の意味も込めて。
e0287115_15555942.jpg

里山の風景です。日本昔話の様です。水害後、工事して風景が変わりました。
e0287115_15565661.jpg

水源です。ここで、昔は「きじゅばあちゃん」が葛をさらしていました。
葛粉を作って商売していました。(本葛、ほんくず)
山の恵みです。
[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-31 16:04 | Comments(0)

春満開

2013年3月30日(土)21:30
今日は山の奥に≪水汲み≫だけに行くつもりが、何故か朝に予定変更。
いつもの松尾弁財天⇒水汲みのコースになりました。
11時過ぎに松尾弁財天に着いたら、
≪大変起きる。しばしの間。辛抱なされ、しばしの間。≫と聞こえました
何か、出口さんみたいだな。国際情勢。天変地異。どうも近所の争いみたい。
変な王子がいるから。あの辺かな。昨夜は、ざわざわしたし。と思いをめぐらしていました。

神社に行って、呼ばれた訳がわかりました。榊の水が入っていなかったり、少しごみがあったりと。
3次元の世界でしか出来ない事がありました。神社周辺は草刈をしてあり、すっきりしていました。
裏手に回ると、新たな発見。今日はお友達は見かけなかったけど、遊びに行ったようです。
榊の水替えやごみ拾いをして、八女の奥地、矢部へ。
日向神ダムの周りは桜で満開。
日向族、天津系の神様が八女津媛様達を滅ぼしたのですよね。

そうすると、このダムの名、地名。日向神 というのもすごく意味があるな。
奥地で水汲みしました。この水でご飯炊いたら、すごくおいしい。
お米変えたのと思う位、違います。水汲みした後、何か≪ぴい、ぴい≫と聞こえます。
水汲み場の隣の花壇のチューリップさん達が、「のどかわいたよお」と泣いてました。
≪わかった、わかった。泣くんじゃない≫とせっせとお水をあげました。
ほんと、メルヘンの世界です。でも、ぴい、ぴいなんだもんね。

少し登っていくと、八女津媛の像まで。泣かれている様でした。
車で少し行った所の八女津媛神社では、お掃除とトイレットペーパーの補充。手洗い水も補給。
後は八女グリーンピアでのお風呂で浄化です。お疲れ様。
e0287115_2275955.jpg

松尾弁財天の裏の川に掛かる橋です。亀さんみたい。
e0287115_229753.jpg

やはり松尾弁財天の裏手。大きな石柱。何でしょう。
e0287115_2210835.jpg
e0287115_22101856.jpg

こだまちゃんが、写真撮ってとおねだりしました。
e0287115_22111033.jpg

奥地のソマリア渓谷公園。少し歩いて登って、石碑です
e0287115_22114610.jpg

八女津媛様の像。泣いている様でした。目の下には涙の跡が。
帰り道は吉兆の表れと言われる≪彩雲≫縦の虹が出ていました。
[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-30 22:14 | Comments(0)

相手次第

2013年3月29日(金)20:42
世間では、よく言われる、≪あげ○○≫≪さげ○○≫があります。
エネルギーは高い所から、低い所へ流れます。
独身の時は運が良く、良い事ばかりで順風満帆だった人が、結婚した途端にこれでもかと苦労ばかり。
結婚によって、人生が180度変わる人がいます。

考えられる事の一つが、相手の姓を名乗る事によって⇒相手の家の因縁や色々な事を背負ってしまう事です。
そういった事が、全てではありませんが。

色々な苦難がその人が大きく成長させるという結果的には良い事にもなります。
試練なくして成長は、ありません。
ただ、のほほんと過ごす人生が良いかといえば答はノーです。
生まれてきた意味がない。
ただ、例外としてあまりに前で困難ばかりでそれを克服した人には、ご褒美のある人生があります。

生まれてきた意味は、今まで赤点を取った科目の克服や経験して色々な思いを持ち帰る事等です。

結婚と同棲、同居の大きな違いは責任があるか、ないか。
責任が伴えば、当然重いものもあります。

よく言われるのは、結婚は≪ある意味博打(ばくち)≫
結婚した途端に豹変する人だっています。
見極める目、なかなか若い時には持てません。
情熱で見えませんから。
e0287115_21215100.png

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-29 21:04 | Comments(0)

やっぱりね

2013年3月28日(木)20:12
以前から、どうもそうじゃないかな。と思っていた事が今日の他のブログを見て同じだったので。
ブログの注意報にありました。(伊勢白山道というブログです)
やっぱりね!と思いました。表だって出せないというか。あり得ないと皆思うから。
でも、実家の母には伝えていたんです。返ってきたのは、≪えーっ。あり得ん。何を言ってるの≫でした。

でも、冷静に考えたら、あり得るのです。
とある国の王子は自分達一族の存続が一番です。国民が飢え死にしても、知った事ではありません。
隣のチュウキチ君の国は、親子で代々なんて、許しません。だって共産主義だから。
王子は、思い通りにできる軍部のミサ○○を、チュウキチ君の国に標準を合わせました。
本当にやっつけたいのは、チュウキチ君の国なのです。

勝手に喧嘩するのはいいかもしれないけど、(ホントはやめてよね)変な煙や灰はたくさん。
お魚さんや野菜さんやお米さんが影響受けたら嫌です。
皆、皆困ります。いい加減にしてよね。
e0287115_2026511.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-28 20:28 | Comments(0)

クレーム

2013年3月27日(水)20:33
今日は、私の誕生日。数えるのはずっとしてないので、忘れたけど。誕生日はいつになっても嬉しいもの。
父の誕生日と母の誕生日を合わせたのが私の誕生日。家に縁があるのでしょうか。

さて、今日は久々にクレームを受けました。
昨日こんなに楽でいいのかと思っていたので、喝です。
色々と相手の話を聞いていると、≪今の生活、状況に対する不満≫
≪社会に対する不満≫
⇒こんなになったのも、他人が悪い。社会が悪いと人のせいにばかりにする。
我よし、自分がかわいそう の思いでした。

相手に言わせるだけ、言わせて、毒を全部出させて、色々と話して終話になりました。
クレームは、改善やその会社が良くなる為の大きなものにもなります。
悪い様に見えても結果として良いものに変ります。
人間万事塞翁が馬です。
e0287115_2046846.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-27 20:48 | Comments(0)

楽過ぎて

2013年3月26日(火)21:49
新しい仕事は、とても気分的にも楽で周りの方々も良い方達ばかりで。
本当に申し訳ない位に、楽過ぎて。いいのかしらと思います。
仕事は私のペースで良いし。資料自体が集まっていないので、そう急がないで良いですよのお言葉。

確かに前の仕事が大変で、一生懸命やりました。
今がご褒美を頂いているのだと思い、感謝しながら働きます。
明日は満月。色々と注意しなければならないそうです。
ゆっくり休んで明日からに備えましょう。

e0287115_2156857.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-26 21:57 | Comments(0)

飢餓感

2013年3月25日(月)20:18
寒の戻りで寒くなりました。桜の花も花冷えで縮こまっています。
さて、以前聞いた≪私の物語の一つ≫に≪尼さん≫があります。

遠い、遠い昔、鎌倉時代、戦があっていた時です。
駆け込み寺に走り込んで尼さんになり⇒修行をしていたのですが⇒修行場で坊さんと目が合い⇒何と駆け落ちしてしまった⇒山の中でその男に捨てられ、飢え死にしそうになった⇒
~上人という御坊様に助けられ⇒
荒れ放題の寺をきれいにし寺を立て直し、たくさんの檀家さんを作った。
又戦が起きたら大八車に荷物を乗せ逃げまどう中で、泣き叫ぶ子供がいたら拾っていっしょに逃げて⇒育てた というまるで小説の様な人生があったそうです。
その時の名は≪法淨院、ほうじょういん≫ヘエーという感じですが。

大事なのは、前のデーター云々でなく。その時の思い。
例えば≪飢え死にしそうになった思い≫
そういった、思いが今の危機感。食べ物をいつも蓄えていないと安心できない。
良い意味では、危機管理が出来る事に繋がります。
前のデーターを有意義にする。仕事でも大切です。
今の日本は食べ物がたくさんありますが、有事になれば諸外国から食糧が入ってきません。
ましてや、気候変動で作物が出来なくなれば。。。。。ぞっとします。
危機管理の内に入れてよくよく考えなければ。
e0287115_20405460.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-25 20:44 | Comments(0)

沖縄への憂国

2013年3月24日(日)7:40
いつも思うのですが、私が中国や危機管理について敏感で色々と思いめぐらすのかを考えてみると。
≪魂の片隅に覚えている≫からで腑に落ちました。すとんと心に落ちました。

古の昔に中国からの侵略者達に滅ぼされた。平和な暮らしがなくなった。があります。

昔、昔の遠い昔。九州の高千穂に近い所に≪龍神族≫という民達が暮らしていました。
山の開拓、土木事業が得意で独自の生活をしていました。特殊な能力もありました。
≪五ヶ瀬≫という地は修行場。
卑弥呼の様な長(おさ)がいて、それが龍神様。
私の師匠は卑弥呼の様なシャーマンだったのかと思いましたが、どうも≪龍神様≫そのものだった様です。
その地に中国からの侵略者が来て滅ぼしていった。
別の世、別の地≪姫神様≫の時も、やはり同じ様に滅ぼされていってしまった。

共通しているのは、何故か≪中国≫。未だに中国への不信感がぬぐえません。
個人的な感情は抜きにして、真実を見る事は大切です。
食の大切という事で講習会に出たのですが、そこで言われた事は、
≪まず、裏の事情があるのを知って下さい。マスコミ、新聞やテレビ等には必ずスポンサーがつきます。だから本当の事は言えない、伝えられないが実状なのです。そうしなければ彼らは生活出来ないのですから。≫

沖縄本土と石垣島や周辺諸島との間には、かなりの温度差があります。
石垣島や周辺諸島の方々の意見や危機感は真っ当だと思います。
沖縄の一部の(大多数と思わせている)中国の金で買収された者やスパイによっての意見は沖縄を滅ぼします。
選挙という事だけをみている、沖縄知事や政治家は今後酷い思いをします。
沖縄が又戦場になってしまう。中国により酷い思いをします。

2013年3月23日(土)のブログでブログ名「おひさまありがとうございます」
まるぞうさんのブログです。客観的に観てあるブログですが。
この日のタイトル「戸締り用心、火の用心」を見て下さい。
映像での≪若き憂国ヒロイン 我那覇 真子≫沖縄マスコミの実態も良いです。
我那覇という名も良いですね。我の那覇⇒元の琉球王朝の血が流れているのでしょうか。
沖縄知事の顔をテレビで観る度に。。。。。。と思います。
顔にデーターが全部表れています。隠しようがありません。
e0287115_8175266.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-24 08:18 | Comments(0)

かむろぎのみこと

2013年3月23日(土)19:08
朝起きて「かむろぎのみこと」とありました。
メモしていなかった為、後で「ん?」になりましたが、≪ひもろぎ≫で覚えていたので「かむろぎ」だった、ですぐ検索。すると⇒かむらぎのみこと⇒熊本県の幣立神宮(へいたてじんぐう)の祭神様でした。
幣立神宮は、私が生まれた上益城郡矢部町(かみましきぐんやべまち、今は山都町、やまとまち)
の近くの神宮です。
私の父母はかなり前から宮司さんを知っています。
前の宮司さんは、観える方だったそうです。(俗にいう霊能者)
≪はくちゃん≫は、幣立神宮が実家なので親近感ある神宮です。

実家は熊本市内ですが、生まれた場所は山の中の実家の実家。墓がある場所です。
父方の先祖の墓は江戸時代からの墓からあります。
聞くところによれば、徳川家康が天下統一する前の時代に、
遠い「諏訪」の地から戦いながら九州まで落ちのびてきたそうです。
以前は「諏訪御寮人様」に関係ある事ばかりありましたが、今は後ろの方が交代されましたので。
展開が違ってきました。

さて、その≪かむろぎのみこと≫が何を意味するのかわからないけど、今日は八女津媛神社まで行きました。
結構奥地なので、一日がかり。こちらは、福岡県の八女市の矢部(やべ)
故郷の矢部と同じ名ですが、県が違います。
e0287115_19225737.jpg

途中、屏風の様な岩が切り立った山を横目に。(車を降りて撮影できなかったので、観光の雑誌から。
桜が満開の日向神ダム沿いの道を進みます。
e0287115_19254397.jpg

この≪卍、まんじ≫はエネルギーの流れを示すもの。ナチスドイツは、知って利用しました。
ナチスのマークでは、ないのです。元々は、神道のもの。
e0287115_19282590.jpg

e0287115_19291332.jpg

≪媛しずく≫と言うもので、石清水が上からぽたりぽたりと落ちています。
初めて訪れた時に「何てカエルが多いんだろう」と思いましたが、何と石清水の音。
≪クワッ、クワッ≫とカエルさんの声そのもの。不思議な音です。
そして、神の窟(いわや)で媛神様方々が政事(まつりごと)をされました。

神社のトイレ掃除とトイレットペパーを置き、手洗いの水を設置して、お神酒上げ、
参拝をして奥深い山を後にしました。
途中、山のおいしい水も汲みました。
そまの源水。くせがなく、さらっとしています。
e0287115_19411172.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-23 19:52 | Comments(0)

洞窟

2013年3月22日(金)11:18
今週一杯は、次の仕事まで時間がたっぷりある為、朝から「お風呂」。
何て贅沢なんでしょう。考えたら、このところあちこち行って≪外でのお風呂ばかり≫
広い、大きな湯船はやはり最高。森の中のお風呂になると又格別です。

さて、今朝のお風呂は町中のお風呂ですが、屋外の露店風呂には≪洞窟風呂≫があります。
洞窟といったら、やはり龍神様とか精霊さん達が浮かびます。
しばし目を閉じてみて、はくちゃんやこだまちゃんつゆ姫様そしてさくら姫様といつも一緒にいる皆と
この≪洞窟にいる≫と思い、しばしの間憩いました。

ちい姉さんから聞いた話では、かつて、天海上人が富士山の龍穴からのエネルギーを江戸城まで届く様にして徳川家が栄える様にして、鬼門にあたる所、下町に神社、仏閣を建てられたそうです。
しかし今は鬼門の手前に「東京スカイツリー」が建ってしまい、遮断した様な形に。
江戸城は今は皇居に。考えて建てられなかったのでしょうか。
私には、≪バベルの塔≫の様で、良い気分には、なれません。
e0287115_1136262.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-03-22 11:38 | Comments(0)