神社とスピリチュアル


by さくら姫

<   2014年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

運気

2014年2月28日(金)19:36

周りの人達を見ていると、≪成程ね≫と合点がいく事が多くあります。

Aさんは、皆より長く勤務しています。しかし仕事はよく出来ると自負しています。

実際は素人より酷い有様です。しかし当の本人は一向に気付きません。

更に人の批判や中傷が大好きです。上司の事でもめちゃくちゃに批判します。

そういったマイナスの言葉ばかり吐いているので、顔も不平不満顔です。

全てが悪循環です。

あまりにも≪自分は凄いのよが酷い為、先輩と言えども、誰も相手にしません。≫

チームワークで仕事する訳でもないので、皆は個人で淡々と仕事すればいいのです。

仕事が終われば、はい さようならです。だれも彼女に声を掛けません。嫌な思いをするから。

彼女の周りの人は、不平不満顔、不安顔。類は友を呼びます。

運気を良くするには、どうしたら良いか。彼女の反対をすれば良い。答えは簡単です。

今の彼女を見ていると、将来は大変だろうな、の事しか見えません。

先が真っ暗なのです。それは、彼女がした全ての反射。行った事が戻っているだけの事。

9年周期で変わりますが。やはり運気を良くするには、当たり前の事をする、人に嫌な事をしない。

笑顔でいる。等のありきたりの事の様です。特別な事はない様です。

やはり、プラスの言葉をたくさん使い、人に沢山のきらきらさんを与える事かもしれないです。

e0287115_1959754.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-28 20:02 | Comments(0)

夢での昇華

2014年2月27日(木)19:30

家と職場との往復の日々ですが、時々くっついてくるものがあります。

『未浄化霊です』お風呂で浄化すれば、大分違うのです。

しかし、時々お風呂に入らないと『夢の中で浄化になります』

昨夜は、初めて夢の中で『助けてー状態でした』不思議な事に出てきた言葉が

『南無観世音菩薩』 『マサばあちゃん助けて』でした。

マサばあちゃんは、いつも私の側にいる補助霊のおばあちゃん。

私の前世と同じく、尼さんの前世のあるおばあちゃんです。

不思議な事に、名前を呼んだ途端に、≪すーっとその未浄化霊が消えて浄化していきました≫

私の体を蝕もうとしていましたが、助けられました。

自分では氣をつけているつもりでも、人についているのが⇒寄ってきて⇒何とかしてもらえそう で

家まで付いてきます。殆どの場合、体が自動的に浄化⇒トイレに行き外へになります が

昨日の場合は、ちょっと強力でしたので、マサばあちゃんに助けられました。

そういえば、命日過ぎていたなあ。改めて感謝です。

マイナスに頼られない様に、もう少し自身をプラスへ上げようっと。

e0287115_19473516.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-27 19:48 | Comments(0)

皆と一緒に

2014年2月26日(水)19:30

今の職場では、和気藹々と仕事をしています。

一期性という事もあってか、こじんまりと まとまっています。

3月末までの仕事ですが、1名は4月より固定給の仕事が決まりました。

彼女は、一人で一生懸命に働いてきたので、今後の生活に光が差しました。

仕事が始まった頃、彼女に色々とアドバイスしたのですが『あなたが言った通りになった。ありがとう』

と、お礼の言葉。言った本人は、『私、何言ったっけ?』

その時は、後ろの方が言っているので「私自身がいないのです」ちょっとした神がかり状態です。

一生懸命生きている人を励ましてあげて が後ろの方々の言葉です。

そして嬉しいオマケは、4月からの皆の仕事が色々とある事。

私も今後の仕事が、いい条件で仕事出来る様になりました。

皆で幸せになろうね、皆で頑張ろうねの言葉通りになりました。

春は、もうすぐです。

e0287115_19432129.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-26 19:44 | Comments(0)

生きていくことの修行

2014年2月24日(月)19:39

職場で年は若いですが、外見が。。。という方がいます。

若いけれど、色々とあった様です。言葉では言われません。愚痴もこぼさず、淡々とされています。

まだ20代半ば位ですが、小さい時から容赦ない、つらい経験をされたのかなと思われます。

目立たぬよう、目立たぬようとした、ひっそりとしたものがあります。

世間では『人は外見じゃないからという割には、人は外見から見ます。』

そんな彼女を見て思うのは、『あえて、厳しいランクの高い修行を選んで生まれてきたという事』

又、美輪さんが本の中で述べられていた、

『過去世では、多くの女性をたくさん泣かせたイケメンの男性だったかもしれません』

『前(前世)では、多くの女性を泣かせて辛い目にばかり合わせたから、今度は反対の立場になって経験してきなさい』の修行かもしれません。

彼女のけなげな姿を見ていると、厳しい修行かもしれない。けれど、

あなたに石を投げる人もいるかもしれない、でも反対にあなたを見て色々と考えて涙を流す人もいるかもしれない。

色々な意味で存在感がある人なんだよ、自分なりに色んな事にめげないで、強く明るく生きてね、

そういったエールをたくさん送りたい人です。

魂は天使なのかもしれません。
e0287115_19551483.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-24 19:57 | Comments(0)

櫛田神社へ

2014年2月23日(日)14:18

穏やかな暖かい日になりました。今日は、櫛田神社と住吉神社へ。

e0287115_1422154.jpg

博多の守りです。
e0287115_14225142.jpg


お馬さんがいる神社に行く様になるからと言われていましたが、確かに行く神社に居ます。
e0287115_1425055.jpg


本殿には中国からの観光客が多く、しばらく参拝できません。先に白龍様の所へ。
e0287115_14263896.jpg


はくちゃんの先輩の白龍神様へご挨拶。

春を感じる日でしたが、ゆっくりと穏やかな心には何故かなりません。

心配しても仕方ありませんが、なぜか胸騒ぎがあります。

どうか、この国をお守り下さい。そう祈らずにはいられませんでした。
e0287115_14305563.jpg


話は、変わりますが今の日本のマスコミは『牛耳られています』

元首相の発言等(東京での選挙に出た人やまゆげじいちゃんでは、ないですが)

好きな様に切り貼り、編集しています。

発言の全てを聞いて、見て判断するのならそれはそれで結構ですが。

大事なのは、何が目的でこうするのか、これは何なのかをしっかりと『自分の目で見極める事です』

情報はあふれる程あっても、本当の事、事実は全く違う場合があるのです。

自分が見極める事が出来る様、真っ直ぐな目を持つ様に、上の方々はじっと見られておられます。
[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-23 14:39 | Comments(0)

くしなだひめ

2014年2月22日(土)21:15

日を違えて、大、中、小と 龍神様 みいさま(蛇、動物の蛇や邪悪なものでない)の夢を見て

明日は、櫛田神社へ行こうと思います。

体の浄化も終わり、そろそろ神社に行ってもいいかなのタイミングでした。

よく、不幸があった後、しばらくは神社に行ってはいけないと言いますが

体自体がまだ準備が出来てないというかそんな状態だからかもしれません。

今年は、櫛名田姫様と神功皇后様の年。

何かと緊張で、危機管理を問われると思います。

さて、髙山 貴久子さん著 『姫神の来歴』の本の中に

櫛名田姫命様のすさまじい霊威を示す古文書があります。

本からの抜粋です。『櫛田大明神縁起』より

弘安年中の蒙古勢襲来のとき、櫛田の神のお告げがあり、

『われ、異国征罰(征伐でなく征罰と『縁起』にある)のために博多の津に向かう。

わが剣を博多の櫛田に送り奉るべし』とおっしゃった。

時を同じくして、博多の鍛冶師の岩次郎が櫛田の神の霊夢を見、

これによって三日精進して御剣をお造り申し上げた。

そうして、ご神託のとおり、この剣を箱におさめ、封をして、

博多の櫛田神社の社殿にお納めしたのである。

すると、蒙古との合戦のさなか、筑前国志摩郡岐志、きし(福岡県糸島市志摩岐志)の海上に、

数万匹の蛇が浮かんだ。

また、それより三か月のち、櫛田宮の末社である博多の櫛田神社に、疵を受けた蛇がたくさん現れた。

その際、、櫛田の神のお告げがあり、『疵をこうむりはしたけれども、蒙古はすでに降伏して、国に帰った』

と おっしゃられた。

それからさらに十三年を経て、この御剣を本社の櫛田宮にお還し申し上げようとして、

博多の櫛田神社に参り、件(くだん)の箱の封をといたところ、

一匹の蛇がその身体をぐるぐると剣にまきつけ、

頭を鍔(つば)に打ちかけており、さながら倶利伽羅明王(くりからみょうおう)の

ようであった。このさまを見聞きした者たちは、櫛田の神の有り難さを肝に銘じ、

随喜の涙を流したという。

櫛名田姫のエネルギーや神気の凄さを伝えた話か。へびさんたちも頑張った話か。

いずれにしても、夢の中の大蛇というより、龍神様でしたので、明日櫛田神社へ。

(本当は今日行こうと思っていましたが、お賽銭の小銭がなかったので。)

明日又報告します。
e0287115_2211843.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-22 22:06 | Comments(0)

将来の姿

2014年2月21日(金)19:44

かぐや姫の物語ではないけれど、『今』は『過去からの結果です』

そして、『今』は『未来』を作っています。

今を懸命に生きている人は、余計な事をしません。と言うより、自分の事で精一杯。

今を適当に過ごしている人は、周りが気になります。

心の中でどことなく、引け目があり、『外から、自分がどう見られているかが氣になります』

『今』を懸命に生きれば道が開けます。

光が見えます。必ず、物事は変り ある時にくるりと回転します。

だから、今泣いている人、泣かなくてもいいです。

必ず、意識を変えて懸命に生きれば、変わります。

だから、一緒にがんばりましょ。
e0287115_19572723.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-21 19:58 | Comments(0)

点と線

2014年2月19日(水)19:11

よく言われる事の一つに≪点と線≫があります。

たとえば、職場の人間関係⇒これは職場で働いている時間内だけの、いわば その時だけの点

対して家庭は、起きて~寝る迄そして死んでいく迄、死んでからもといった 線の状態。

点の状態であれば、その時間内だけで済むし、会社へは『仕事に行っている訳ですから』

仕事の事だけに集中して、他の事に惑わされずにすれば良いのです。

変な噂をしたり余計な事を言う人には、≪ああそうですが、私にはわかりませんから≫で

≪我、関せずが一番いいです≫

人を立方形の模型と見立てたら、見る角度、場所によって様々に≪見える形は≫変わります。

それと同じで見る人の意識や思い込みで、対象となる人の評価は様々。

良い意味での≪人の事等、知った事じゃない。私は自分が食べていくのに精いっぱい。≫

そういった意識でいたら、悪口や噂話もなくなります。

暇な方々は暇な方々で勝手におしゃべりをどうぞ、です。

黙って淡々と仕事をして、備えをするのが一番です。
e0287115_1925212.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-19 19:25 | Comments(0)

エネルギー

2014年2月17日(月)19:24

旭日旗(きょくじつき)は、中国、韓国から目の敵にされていますが。

正式な海上自衛隊等に使われているものです。

だからといって、軍国主義等と思わないで下さい。

勝手に他の国が言っているだけの事です。

日の丸にエネルギーがたくさん出ていて、強力なエネルギーが出ているといったものになっています。
e0287115_19294199.jpg

放射状にエネルギーが出ている。といった状態です。

又、八幡宮のシンボルはエネルギーが回転している様を表しています。

ポスターの左上です。
e0287115_19335096.jpg


この様に、古の時代から人々は見えないエネルギーを感じそれをわかり易い象徴の図や動物等で表してきました。

陰陽のシンボルもそうです。

結構、周りを見渡せば色々とあります。

又、神社やお寺というのは、土地の磁気が良い所、磁場の良い所を見つけてそこに建物を建ててあります。

行くだけで、気持ちが落ち着く、良い気分になるというのも納得です。
[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-17 19:42 | Comments(0)

なまはげ

2014年2月16日(日)18:05

秋田のなまはげ柴灯祭の映像を見ていて、思いだしたのがお師匠様との会話でした。

『鬼とは、スサノウではなかったのか』

国津系の元々からの神々や民が、西から登って北上してきた『異族の侵入者達からの攻撃』にあった。

火と鉄の武器を持った者達からの攻撃は、容赦ないもので 元々からの民は北へ北へと追いやられていきます。

闘う事に慣れていない穏やかな民達は、南や北に逃げていきました。

そして独自の文化や自然を敬い、畏れ、自然と共に暮らしました。

そんな物語が、なまはげからの映像から伝わってきました。

事実だけを知ってもらいたい。責めているのでは、ないのです。

歴史からは学んで、繰り返してはならないのです。
e0287115_18184012.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-02-16 18:19 | Comments(0)