神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー

<   2015年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2015年12月31日(木)17:14

もうすぐ2015年も終わり、新たに2016年を迎えようとしています。

今年は本当に色々な御縁を頂きました。

そして、目に見えない神様方眷属の方々や精霊さん達とも不思議な縁で結ばれました。

感謝、感謝の一年でした。

新酒の蔵開きに、蔵元さんへ行けば、酒の神様にお会いしたり、

(まっすぐの白い髭を伸ばした、浦島太郎さんのイメージですがちょっと厳しい雰囲気の神様です)
e0287115_17242698.jpg

緑と青の光が、酒の神様です。

神様は、エネルギー体、光の存在です。

又、大いなる女神様とも御縁を頂きました。

何故か私に御縁のある女神様は『戦う女の神様です』

戦うというより、『守りの為に戦う事を余儀なくされたという、やむを得ない事情ばかりでした』

神様でなくとも、戦国時代の姫君で鎧兜(よろいかぶと)を身につけて馬に乗り戦うという

ずっと戦い続けた方々ばかり。

古の時代も、戦国時代と同じ様に、『やるか、やられるかの凄まじい時代だった様です』

さて、さて、この2015年も無事過ぎようとしていますが。

本当に日本は恵まれています。食糧も言論の自由も行動も。

でもあまりにも、当たり前過ぎて皆わかっていないのです。

どれだけ普通の生活がありがたいか。

国がある事が、どれだけありがたいか。

便利な生活がどれだけありがたいか。陰では、不眠不休で働いている人達がいるのです。

全てに感謝をして、静かにこの年を送りましょう。

本当にありがとうございます。全てのものに、感謝です。
e0287115_17375249.jpg
e0287115_17381737.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-31 17:39 | Comments(0)

何か。。。。。ある

2015年12月29日(火)10:51

『慰安婦』日韓合意。最終的・不可逆的に解決確認。。。と新聞の見出しにあります。

何か腑に落ちない。というより何かがある。と勘ぐります。

この年末に慌ただしく。

e0287115_1125263.jpg
何かの情報があり、事を急く事情があるのでは。。。。。。

今までは、言いたい放題、やりたい放題だったけど、韓国や日本国内の左やら

訳がわからず、反対、反対の人達も今後は、赤が青くなっていきます。

国際情勢がジェットコースターの様に、明日はどうなるかわからなくなるからです。

脅かしでなく、危機管理⇒最低、最悪の事を想定してそれに対する対策や準備を着々と

していた人が慌てません。

本当にこれから大変な大変な時代になっていきます。

『大変起こる、しばしの間、しんぼうなされ、しばしの間』と言われた事を肝に銘じます。
[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-29 11:03 | Comments(0)

モフモフ

2015年12月27日(日)12:04

時々浄化のお手伝いをしていると、どうしてもマイナスが付く事があります。

海塩でお浄めしたり、アロマの香りをたき込めたりして祓います。

しかし、別の方法もあります。

それは動物の毛『犬や猫の毛をなでると、お祓いが出来るのです』

動物の毛は、マイナスを祓ってくれます。

幸いにも私は、職場に住み着いている猫ちゃんのお世話をする事で助けられているのです。

まさに、『持ちつ持たれつの関係』になります。

身近に動物が居ない方は、『モフモフの衣類等を付けるのも一つの手です』

高僧が描かれた絵画の中には、虎の毛皮を敷いたのがあります。

これも、お祓いになります。

e0287115_12173334.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-27 12:18 | Comments(0)

何故、韓国へ

2015年12月24日(木)21:37

白龍のはくちゃん、そして眷属神のこだまちゃんは、何故か今韓国へ。

日本を留守にして、韓国へ行っています。

浄化の為なのか、何かが起きるのか、ざわざわします。

日本に対して、謝れ、金よこせ、慰安婦の少女の像をアメリカまでも建てて

日本を貶めている、韓国

その韓国に、何をしに行っているのかしら?

何かが起るのかな?

静かに見守るしかありません。何かが起きるのでしょう。

e0287115_2144537.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-24 21:45 | Comments(0)

憂慮

2015年12月20日(日)19:22

師走の貴重な休みでしたが、映画を観に行きました。

『海難1890』トルコの軍艦が海難事故にあい、和歌山の島の人達が必死になって救出しました。

そして、月日は流れイラン、イラク戦争時にトルコからの航空機で日本人が救出された実話でした。

映画を観て、『憂慮したのは』これが今から中国又は他の国で同じ様に起こるのではないかという事。

イランイラク戦争時の様な事が。

人質として、日本人が拘束されるのでは、ないかという憂慮。


良い映画なだけに、今後の国際状況や日本人の事が憂慮されます。

安全保障法案が可決されました。可決されなければ、今後同じ様に日本人を救いたくても

救えない事態になったかもしれません。

戦争法案という言葉ですりかえて、反対反対を叫んでいる人達や政党。

自分達や親や子供が、いきなり戦争状態になった所に放り出されたら

一体どうするんでしょうか?

戦争になるから、自衛隊機は絶対出すな。見殺しにしろと叫ぶのでしょうか。

映画のセリフでありましたっけ、『日本が日本人を救えないなんて、』

『他の国では、自国の航空機を出して救出しているのに』

考えてみて下さい。2016年からは、もっと国際情勢が厳しくなります。

いい加減に平和ボケから覚めないと。。。。

世界のいい笑いものです。

e0287115_19432992.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-20 19:44 | Comments(0)

わざわざ

2015年12月19日(土)19:25

小さい頃は、皆が幸せになってご飯が食べられます様に、動物さん達が皆お家で飼われて

いつもご飯が食べられます様に。といつも祈っていました。

でも、だんだん色々な経験をして人を観察していると、『違う』と確信し始めました。

人は幸せになる為に生まれてきます。

でも、前世で出来なかった事、その人が赤点を取った科目(家族やお金人間関係等々)

を及第点取る様に『わざわざ、選んで生まれてきます』

だから、のほほんとした幸せ、幸せの人生の人は少ないです。

前世で苦労ばかりで、報われずに終わった人は、特別に『今回は、ゆっくりね』でホンワカの人生かも

しれません。

しかし、殆どの人は『この科目、あの科目、沢山選んで頑張るわん』と

エイ!やっ!と生まれてくるのですが、四苦八苦して悩み苦しみます。

でも、一つ乗り越えたら少し荷物は軽くなり、段々と『どうしたら、楽に生きれるか』

ものの受け取り方で随分楽になり、何だ大した事ないじゃん。になります。

そうして逃げずにそういった課題と取り組んであの世に帰れば≪ご苦労さんでした。良く頑張りました≫

そう言ってご先祖様や類友と呼ばれる仲間達の出迎えを受けます。

『わざわざ、私達は課題を背負って生まれてきているのです』

魂の成長と来世の為なのかもしれません。

e0287115_19435387.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-19 19:44 | Comments(0)

どらら

2015年12月17日(木)20:25

会社に住み着いている大きな猫がいます。その名は『どらら』

大きい顔の猫で、絶対に目をそらしません。

こちらも負けずに見合っていると、『ずーっと、にらめっこ状態』

猫には珍しく、目をそらしません。普通の猫は目をすぐそらすのです。

体は大きく、顔は大きく態度は、ふてぶてしいので既に『妖怪化しています』

他のおとなしいオス猫の『とらちゃん』に対しては、壁ドンをしたり、パンチをくらわせたりして

まさに、自然界の『弱肉強食』の世界を見せつけられました。

そのトラちゃんは、とうとうぼろぼろになって、そして台風の日を最後に姿を隠しました。

猫は絶対に自分の死体を見せない様に、ひっそりと亡くなります。

猫の美学かもしれません。

早く会社に住み着いているおねこさま達を引き取り、『ねこ御殿を建てなければ』と

思う日です。

明日は、『宝くじ』を買いに行きます。

こんな田舎にも売ってあるんだ、という所で買うのが一つのヒントでした。

『どらら』は、こんな感じのどら猫です。

e0287115_20384076.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-17 20:40 | Comments(0)

2015年12月15日(火)20:33

会社経営者の娘として、生まれました。

しかし、優雅に暮らしている訳でなく、あくせく別の県で会社勤めです。

小さい頃から周りには経営者ばかりでしたから、社長さん達を観察していました。

『あ、この社長さんの会社、危ないな』倒産するか、夜逃げかもしれないと感じたりして。

結構、そういった勘は、当りました。

商売、経営、社員の事等ちっとも思っていない。水商売の女につぎ込んでいる。。。。。

そんな経営者は、やはりどよんとしたオーラで目がとろんとしています。

結構、色々な人を観察してきましたが。。。

そして、現在は周りの、とある会社の次期社長とされる人の観察。

『社長の息子は、パワハラはする。会議では罵る』と、まるでドラマの悪役そのもの。

『全く、上に立つ器がありません』

物言えば唇寒しで、誰も注意しません。

しかし、皆の心は『ノー!嫌だ』と叫んでいます。

真っ黒いオーラが当事者、その馬鹿息子を包んでいます。

見えない憎悪が覆っていますが、当の本人は気付かず。

子供がかわいそうだな。奥さんが大変だな、

親の因果を子供が背負う事もあります。

やはり人に対して酷い事をすれば、必ず自分に返ってくるのです。

因果応報、自業自得

その言葉そのものになります。確信しました。

経営者となる人は、よその会社で修行して汗を流し、涙を流して苦労した方が良いです。

私が知る限り、殆どの経営者の息子さん達はそういった苦労を自らされています。

前に述べた『馬鹿息子は、親の会社で威張り続けています』

さて、そのご先祖様はある決断をされる計画があります。

大きな決断です。
e0287115_2111988.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-15 21:02 | Comments(0)

何かのサイン?

2015年12月13日(日)12:46

昨日は、会議や忘年会で慌ただしく忙しい日でした。

帰りついて、バタンと寝て夢に見たのは『妙にリアルで、何かのサイン?』と思わせる夢

井戸が出てきます。こんな感じの四角い、木枠のある井戸です。

貞子さんが、出てきそう。

e0287115_12524713.jpg


その井戸に、『血が入ってしまい、汚れてしまった。塩と御神酒で浄めなければ』

といった、ものでしたが。浄めるも何も『井戸の水が飲めないだろう』状態

旧約聖書の、エジプトの町の様に、映画『十戒』と同じ様に、川や井戸、全ての水が血になって

しまい、飲めない状態

その後、不思議なおばあさん二人も出てきました。

『八墓村』に出てくる双子のおばあさんのイメージです。

私を見るなり『やっと来たね』

そして色々と教えてくれました。祓いのやり方等

最後は、青いアメ車に多くの人が乗っていますが、『私は、やる事があるから引き返します』

と言い残し走って行った所で終わり。

ただの夢といえば、それまでですが。

何かこれに何かの『サイン』が入っている。

目覚めた時の感想です。

『井戸』が気になります。人や動物にとって大事な大事な『水』

それが、飲みたくても飲めない状態になるのでしょうか?
[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-13 13:08 | Comments(0)

魂の歴史

2015年12月10日(木)19:47

小さい頃から、周りには不思議な人達がいました。

そして、不思議な夢もよくみていました。

心の寂しさを埋める為の多くの猫や犬達。

中でも、白猫のみいちゃんは、13年位生きて『かけがえのないお友達でした。』

さて、その不思議な人達から共通で言われたのが『戦う女』

いつの時代でも、私は戦っていたそうです。

古代の日本では、榊を持ち祭事をして『長(おさ)』として治めそして攻めてくる敵と戦っていました。

中世のイギリスでは、男性に対して『イエスを言わない、逆らった』という事で

『魔女とされて火あぶりの刑』

多くの罪もない女性が殺されました。

そして、日本の中世では、武将の娘として(姫様でしたが)

馬にまたがり、鉢巻をして鎧兜(よろいかぶと)を身に着け

敵と戦いました。

又、江戸時代は地位の高い武士の妻。

呉服屋の北の番頭さんが、家に来て御屋敷で働いている者達への着物や髪飾りをあれこれ

見繕ったり。

(今でいう、デパートの外商さん)

その北の番頭さんから言われました。

『あなた様は、この世で美貌と旦那様の高い地位、お金もある。お子様も立派になられ、

全ての富や人がうらやむ物ばかりをお持ちです。』

すると、その武士の妻である(前世の私)私が答えます。

『いえ、いえ。。私には、一番大事な物がありませぬ。』

『それは、人を愛するという、一番大事なものがありませぬ。子に対する愛情は多くありますが』

『殿方を愛する事が、というより殿からの愛が、ございませぬ』という

時代劇のままの事があった様です。

『夢物語として今日は、終わりです』
e0287115_20114799.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2015-12-10 20:13 | Comments(0)