神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

栄える会社

2016年6月30日(木)20:24

久しぶりに本社へ行ったのですが、帰りつき夕食後にとてもとても眠たくてたまらず

『爆睡』しました。

思えば、会社は今とても忙しく受けた注文を納期を伸ばしてやっと納品出来ている状態。

業務の事務の方達は帰りが午後9時位。

皆、とても、とても疲れています。睡眠不足です。

そういった思いを直球で受けたのかもしれません。

会社の商品がとても売れているのは、良い事です。

でも、その為に従業員がきつい思いばかりしている。

給与に全く反映していない。安いまま。

休みは、取れない。そういった状態が続けばその会社は≪良い会社≫とは言えません。

営業利益を出して、設備投資や社員の待遇を良くする。
 
それが徐々に出来れば理想です。

トイレは男女同じ。狭い社屋。皆笑いもなく、黙々と仕事をしている。

お金は入っても、顔付きが酷い状態になっています。

人を増やしてよ、PC増やしてよ。社屋どうにかしてよ。

トイレ位ゆっくり入っていたいよ。

悲痛な声なき声が聞こえます。

e0287115_20363185.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-06-30 20:36 | Comments(0)

しんぬき

2016年6月26日(日)21:32

ようやく天気になり、ばらばらになった仏像の≪心抜き、しんぬき≫が出来ます。

最後は、お焚き上げで燃やして天に上げるからです。

準備するもの⇒粗塩、アロマのホワイトファー(針葉樹のアロマで魔除けです)
          赤い折り紙2枚、マジック、和紙(習字の紙)
          家の宗派の経本

①まず、赤い折り紙(赤は魔除け)に≪妙≫という字を書きます。この字は刀になり守りになります。
 二枚に書き、心臓を守る為、ブラに入れます。

②そして、首や肩にアロマ、そして粗塩を塗り付け防備です

③和紙の左下に≪妙≫という字を書いておきます

準備が出来たら、『オフと言います』これは見えない物に対してシャットアウト

そして、お経を唱えます。
 
次に和紙で御集り下さいと言いながら、壊れた仏像を拭いていきます。

その後、仏像は白い紙に包み、塩をくるんだものを置いておきます。

先程に拭いた和紙と胸に入れた赤い折紙を外で燃やします。

燃やす事で天に上げます。

燃えた灰は埋めて塩をまきます。

ここまでが手順なのですが、実際は燃えないで困りました。

燃やす為の着火剤の手伝いで何とか全て燃やしましたが、まあ何度もして、ようやくでした。

終った後はシャワーを浴び一休みしましたが。

早く終えたかったのでほっと一息

本当に実感として、仏像等持つもんじゃないです。

後が大変。

e0287115_21514944.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-06-26 21:52 | Comments(0)

御神酒撒き

2016年6月18日(土)19:7

海辺の作られた神社で御神酒撒きをして、土地を浄め始めて数か月になります。

龍神様の怒り、どうしてこのような状態にしてしまったのかという怒り

そして、姫神様の嘆き、悲しんで泣かれた状態でした。

何を聞いても、ただ泣かれるばかり 何をしていいのかわからず

とりあえず土地を浄める事から始めました。

雨が降る日は避けて、晴れか曇りの日。

そうして、松の根やひもろぎ所の前で御神酒をまく事で少しづつ、少しづつ

龍神様の怒りや姫神様の嘆きが薄らいできた様に思えてきました。

人工的に作られたこの地を壊す事は出来ません。

犯罪になってしまいますから。

作られたテント小屋。松の根に打ち込まれたくさび。

松が悲鳴をあげています。松の木は、『高砂』にある様に精霊が降りる木なのです。

そういった痛々しいままでいる状態でいる事、私の良心が痛み精霊さんの嘆きを感じるのです。

いつか台風等で自然からのしっぺ返しを受けるでしょう。

e0287115_1921234.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-06-18 19:22 | Comments(0)

日本国中。。。

2016年6月12日(日)16:32

師匠から聞いた事です。今注意(地震やそれに伴う津波等)する場所、地域

四国の愛媛の上の地域(瀬戸内海に面した地域)、和歌山県沖

茨城⇒ここは、活断層でなく、深い地下、地下資源で掘っていませんよね。何だろうです。

そして、追加でこだまちゃん達から『大阪も危ないよ』

阿蘇山のマグマは引き続き注意です。他の山との関連もありますが。

今は大丈夫でも、3年後、10年後は警戒です。

奇数月は警戒です。7月、9月。

去年は本当に危なかった。寸止めで、助かった状態でした。

そうしてみると、日本国中、どこも絶対安心という場所はないのです。

では、世界の他の国、海外は大丈夫か?というと

逆に大きな災害が起きる可能性が大きいのです。

もう、この地球という生き物の浄化作用に入っている時期なのです。

ある意味、この地球の胸三寸に身をゆだねている状態です。


e0287115_1646593.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-06-12 16:47 | Comments(0)

後がとても困る

2016年6月7日(火)20:20

有料先生(霊能者と呼ばれる人)は、定職を持たずに相談にのっている人が多いです。

生活する為にお金を稼がなければなりません。

だから、相談に来る人達に色々な開運グッズやお守り、仏像を売ります。

そういった物を持つ事でお金が入る、健康になる、守られると信じこませます。

そういった物は、多額のお金と引き換えになります。

家族が一生懸命働いて稼いだお金が、自分で汗水たらして働いたお金が。

ご先祖が一生懸命貯めたお金が、そういったものに消えていきます。

そうして、買わされた人が亡くなった時に

遺族は途方に暮れます。どうしたらいいんだろうと。

霊能者の先生は、仏像には『しんいれ』といって『魂を入れます』

形あるものに、魂を吹き込みます。一度入れたら、抜かないと元の『物』には、なりません。

本当に困った物です。後がとても、とても困ります。

家の片隅にお稲荷さんも大変です。

ずっと何代もきちんとおまつり出来れば別ですが、

さわらぬ神に祟りなしです。

e0287115_2035462.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-06-07 20:36 | Comments(0)

御礼参り

2016年6月4日(土)20:58

神社へ願事で行った訳では、ないのです。

ただ、大地の揺れと阿蘇山の火口のマグマをお鎮め下さいと、神功皇后様や龍神様へ

お願いを致しました。

鎮まったという確信はないのですが、そろそろ御礼参りの時期かなと思っています。

お願いをしっぱなしでなく、やはりそこは日常生活と同じく礼を尽くすのが筋ではないかと。

自分の中でそろそろかなという氣もありますが、いや、まだまだ油断は出来ないという気持ちもあります。

明日は、要注意日。全てのものに感謝して、備えておこう。

かわいいお猫様の為にも。

e0287115_216456.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-06-04 21:06 | Comments(0)

因果応報

2016年6月2日(木)20:42

最近、嫌な人、人に意地悪をしている人、傲慢、横柄な態度をとっている人

そんな人を見ると、≪かわいそうだなあ≫とつい思うのです。

真っ黒な煙があるし、自分の運気は自分で落としているし

先が暗いのです。

まさに、【自業自得、因果応報】なのです。

自分のした事の反射。ただ、単にそれだけです。。。

嫌な人程、人のせいばかりにします。

○○が悪い、○○のせいだ。

全て、国が悪い。全てこの政党のせいだ。

そんな事ばかり言って、毒を吐いてばかりいる人。

人相がひどくなっています。

世界の国のどの国よりも治安や生活環境、どんなに良いか

国外へ出てみれば、わかります。

e0287115_20542412.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-06-02 20:55 | Comments(0)