神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

体が固くなる

2016年7月30日(土)10:38

時間があれば、整骨院に行き体のほぐしやマッサージをしてもらっています。

マイナスの人の思いや邪念があると、体が無意識の内に『鎧(よろい)』をつけてしまい

はね返しています。

指がはいらない程、固くなり はじき飛ばします。

それで、時間があればせっせともみほぐしてもらっています。

意識している訳ではないのですが、どうも色々な方面にアンテナが立っている様です。

南の島や、国防になるのかな、後ろの方が関係あるから。

一番最悪な事を想定して、その対策をたてる事。

嫌な事、悪い事は考えたくないというのがありますが。

もう、そういった事は通じなくなってきました。

南の島は、もう一度地獄を見ます。今のままでは。

もう、最後の通告です。

e0287115_1050177.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-07-30 10:50 | Comments(0)

弔い(とむらい)

2016年7月26日(火)21:44

昨日の25日の朝、会社の現場の人から『黒猫ちゃんが亡くなっていたよ』と

知らされました。暑さで元気はなかったものの、日曜も普段通りにしていました。

亡きがらが手元にないので、あまり実感はないのですが。

そういえば、あまり元気がなかったなあ。と思い当たる節はありました。

何とか『弔い(とむらい)』をしてあげなければ。

頭の中は、その【とむらい】で一杯でした。

小さいけれど、本当にかわいい女の子でした。

夢の中で大きな声ではっきりと聞こえました。

【黒い猫は福の神】

そうして、おかあさん猫から生まれて、黒猫が生まれる事不思議ですが。

すくすくと皆からかわいがってもらいました。

とむらい をと思っていたせいでしょうか、夜中に目が覚めて寝れません。

夜中の3時前には、体がかゆい、暑い。と
  
とほほ状態。夜中に妙に寝れない時は何かある時が多いのです。

そして、朝がきてテレビを付けてびっくり。

これって、平成の八墓村2じゃないか。

平成の八墓村1は、山口の事件がありました。

丑三つ時で、19人。狂っているか、かなりの憑依。

悪魔です。

ふくちゃんの弔いどころでなくなってきました。

かわいいふくちゃん、ゆっくりあの世で休んでね。

お母さん猫は本当に寂しそうにしています。兄弟の男の子の≪しまちゃん≫は、

大きい体をして、お母さん猫のお乳を飲んでいます。

あーあ。

一体どうなっているんだ。人々が得体のしれない恐怖や不安に陥っています。

e0287115_2243336.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-07-26 22:06 | Comments(0)

こうじんさま

2016年7月23日(土)20:19

知り合い2人が下半身の病気になりました。

病気になる前、車庫を広くする為、急に工事をし

家の前の持ち主が作った≪石を多く使った庭もきれいにしました≫

気になったのは、大きな石と方位でした。

方位で言えば、この時期には、この方向は扱わない方が良い。といった事もあるのです。

工事の前に三宝荒神様へ参り、工事をさせて下さいと申し出をします。

一言で迷信と片付けるのは簡単ですが。

昔から言われている事には何かしらの意味があります。

畏れ敬い、土地や精霊さん達に挨拶する事、大事な事です。

e0287115_20304513.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-07-23 20:31 | Comments(0)

大きなうねりの中で

2016年7月17日(日)11:06

今、世界中でテロが起こり、反乱と様々な騒乱が毎日の様に起きています。

もう、日本だけがのんびりと他人事では済まされなくなっています。

しかし残念ながら多くの日本人は、未だに現実を直視する事なく、悪い事は考えない様にしています。

『危機管理』というのは、最低、最悪を想定してそれに対する対策を取る事です。

例えば、中国軍が暴走して尖閣諸島や沖縄の島々へ上陸占領してしまう事

これは、現実として大いにあり得る事なのです。

しかし、そういった事から目をそらす様に、意図的にマスコミや左の政党勢力が策略をしています。

本当に守るべきものは、何なのか、大事な事は何なのか。

今は日本の国とそこに住む日本人に刃を突き付けられています。

ありきたりの日常や食料、水、日用品等いかにそれが大事なものであるか。

思い知らされる時期がきます。

覚悟をして想定して準備しておけば恐れる事は、ありません。

そして東の都には、白い百合の花がとてもよく似合います。

大輪の花であり、凛としていて、国を治めた姫神様です。

e0287115_1119406.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-07-17 11:20 | Comments(0)

鳩さんからのプレゼント

2016年7月11日(月)20:53

今朝、ベランダを見たら、、、久々のプレゼントがありました。

鳩さんが『お花をプレゼントしてくれました』

以前は毎日、ハトさんからお花のプレゼントがあり、『摘み取ったばかりのお花がちょこんと』

ベランダに置いてありました。そのお礼としてパンをあげていましたが。

マンション住まいの為、近隣の方達がハトさんを嫌がり

泣く泣く、お互いの交換が無くなってしまいました。

e0287115_2056755.jpg


朝顔と小さな花2つ。

選挙の結果を受けてなのか、何かのメッセージなのか。

そして家のセキセイインコ2羽のメスが5個と6個、合計11個卵を産みました。

11⇒神様の数字です。

お花といいタマゴといい、何かのメッセージの様な気がしてなりません。

国を守る。守りの為なら容赦はせぬ。

力強いメッセージが聞こえてきます。

そして、お風呂から上がって受けたメッセージ

≪ハトさんは、八幡様の御使いだよ。八幡様は神功皇后様≫

『国を守る事、防衛する事。大きな事件、日本に対する恐怖に陥れる事が起きてくるか』

『そうならないように、そうなるかもしれないけど、準備して備えなさいという伝言だよ』

との事でした。決してあきらめては、ならないよ。犠牲者が出ても。

そうなるのも、油断があったから。敵は内側からじわじわと侵食するからね。

e0287115_21494012.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-07-11 21:01 | Comments(0)

今後

2016年7月10日(日)20:02

参議院の選挙、投票が終わり今から開票です。

本当に、これからの日本は大嵐の中大変な中の船出です。

あまりにものほほんとして、平和ぼけしている国民は船酔いするかもしれません。

思う以上に、近隣諸国の軍隊が暴走してしまいます。

『この国を守れ、守りを固めるのじゃ』そういった激をとばす姫神様の声が聞こえてきます。

『なにを、ぐずぐずしておる。敵が攻めてくるのじゃ急げ』と

偶発とは言えない、意図的な挑発。

これで、犠牲者が出て、多くの人がやっと気付くのです。

あまりにも、遅い。

e0287115_20134799.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-07-10 20:14 | Comments(0)

時代は激変

2016年7月6日(水)20:04

世界ではテロや虐殺、集団(学校丸ごと)への攻撃、誘拐等

目を覆う出来事が起きています。

本当に日本は平和だと思います。毎日安心して寝られる。

学校へ行ける、普通通りに働ける。買い物が出来る。病院へ行ける。等々

今は地球という星自体が、大きいうねりの中にいます。

そして自浄作用で天変地異が起きています。

人間の世界も大きいうねり、渦が巻いています。

今までの常識が非常識になってしまい、

大きい変革期がきています。

意識を変えて、柔軟に、臨機応変に対応していかないと、

生き残れなくなってしまっています。

例にするのも、あまりしたくないのですが、今からは本当に大変になっていくので

あえて言います。

日本国憲法や第9条は、かえって人が亡くなる、犠牲者が多くなる事に

真逆の結果を招く事になっています。

先の戦争で嫌と言う程国民は戦争の悲惨さを経験させられました。

しかし、その経験が逆にアレルギーになってしまい、

本来の≪守り、防衛≫という大事なものが抜けてしまったアンバランスなものになってしまいました。

自然の中の動物を見て下さい。

自分のテレトリーの中に入る他の動物は敵とみなされ、必死で親は、子供を守ります。

容赦なく、子供を奪おう、子供の命を奪おうとする者に対して親は戦います。

守ろうとさえしない。平和ぼけしている日本人は、本当に動物以下です。

見えない所から、虎視眈眈と外から狙われているのです。

色々な国から。

e0287115_20271029.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-07-06 20:27 | Comments(0)

怪談話

2016年7月2日(土)19:12

夏休みが近づくと、子供の頃を思い出します。

田舎の家に行って、川のせせらぎ、星の多さ、ホタル等本当に宝の様な思いでばかりでした。

夜になると、子供達と親戚のおじさんで百物語ならぬ怪談話がありました。

いくつかの話の中で子供の勘で、『あ、これって本当にあった話なんだ』と思った話があります。

それは、墓をあばいて、人骨を食べるという怪談話。

今でこそ、特効薬や新薬があり病気はよくなりますが、

かつては、ハンセン病や結核がありました。

忌み嫌われ、ひっそりと暮らしていた、又は故郷を追われた人達が大勢いました。

どうにかして、この病を治したい。早く元の体、顔になりたい。

そういった必死の思いの方々が聞いた話。

人骨を食べればよくなる。そういった迷信でも必死の思いでしがみつき

行動したのです。

子供心に、何とも言えない切なさ、辛さを感じました。

医学の発達、衛生状態、福祉の有り難さ

今は全てに感謝です。


e0287115_19252382.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-07-02 19:25 | Comments(0)