神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

糸島と能古島

2016年10月30日(日)19:00

昨日、お師匠様より伝言で受けた事を今日実行に移しました。

朝より福岡の糸島の二見ヶ浦へ行きました。

糸島⇒いとしま⇒島を意図(いと)する。日本全国の島、全体の島に対する事です。

今後の島に対する、他国からの侵略です。

糸島は、沖縄の久高島(くだか島)と繋がっています。久高島を検索してみると⇒


久高島は沖縄本島南部、南城市の沖合5キロに浮かぶ周囲約8キロの細長い島。

琉球開闢(かいびゃく)の祖アマミキヨが天から舞い降りてきて、

ここから国づくりを始めたという琉球の聖地だ。

 『琉球国王由来記』によれば、島の「イシキ浜」に五穀の種が流れ着き、

そこから農業が始まったとされている。

今でもその浜はニライカナイからの神が島を訪れる時に船が着く場所といわれ、神聖な浜になっている。

琉球王朝時代には、聞得大君(きこえおおきみ)と一緒に国王もこの島に渡って巡礼をしたが、

のちに国王の代理人であるノロ(祝女)の制度ができ一任した。

それを継承して行われてきたのがイザイホーという秘祭だ

が、現在では後継者がおらず、昭和53年(1978)を最後に途絶えている。 


そして、思い出したのは数年前に能古島の白髭神社の龍神社の榊を換えに通った事。

そして、船に乗る前に聞こえてきた言葉【しばしの間、大変起こる。しばしの間。辛抱なされ、しばしの間】

でした。

船に乗り、能古島の歴史が壁に貼ってありました。

といのにゅうこう【刀伊の入寇】

平安中期の1019年(寛仁3)3月末~4月に,いわゆる〈刀伊の賊〉が大宰府管内に侵入した事件。

刀伊とは高麗が蛮族とくに女真を呼んだもの。女真は後に金を建国するツングース系民族で,

沿海州地方に住み,狩猟・牧畜を行い,高麗の北辺に接し,海から高麗に侵入・略奪を行っていた。

彼らは50余隻の船団でまず対馬・壱岐を襲い,さらに筑前国怡土郡等に侵入し,

各地で千数百人の人々を捕らえ,老人や子どもを含む四百数十人を殺し,

牛馬や犬を殺して食し,穀米を略奪し,民家45宇を焼く等の惨害を与えた。

⇒外国からの侵略で島の人達や博多の町が襲われたのです。


二見ヶ浦の夫婦岩の前の白い鳥居の周りに、御神酒をまく予定でしたが、海に浸かっている状態。

鳥居の前の海水が押し寄せない砂浜へ、一升瓶の御神酒をまきました。

そして、この日の元の国をお守り下さいと祈祷させて頂きました。

近隣諸国からの侵略が本当に迫っています。

しかし、北の国や中国は、化学兵器を使用した自作自演で元に戻ってきて

自分で行い、自分の国に戻る事で被害を受ける。そして噴火⇒自然災害でなく、仕掛けて噴火してしまう。

と、聞きました。

今年の暮れ、早ければ11月~又色々起きる様です。

そういった事も起き得る、と考え、危機管理で備えて下さい。

備えがあれば、何とかなります。

e0287115_19224928.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-10-30 19:29 | Comments(0)

今日はお勉強の日

2016年10月28日(金)19:57

昨日は、代休を取り【長崎川棚のアンデルセンへ】

そう、異次元喫茶【不思議なマスターのいる喫茶店です】

代休取って、わざわざ行きました。早く起きて。

しかし、今日は【お勉強する日でした。不愉快な思いを伴う】

11時に店内に入ると、この前とは違った雰囲気。

団体様の15名が陣取っていました。

同じ1名で入った人に聞いたら、『何と、11時に入店する前にフラダンスを並んで店の前で披露していた』

との事。どうりで、バスセンターで待っていたら、ばっさま達(地元の年配者)が『何じゃろか?あれは』

と言われてましたっけ。

しかしこれは、あくまでも【序章に過ぎませんでした。】

店内で食事を注文して待っている間、狭い店内の通路で『踊り出す者』『~ちゃーん』と

ハグハグする者。大声で話す。笑う。【ああ、何て良い空間なの、体が踊り出すわ。誰か止めて】

そう言って、通路でずっと踊っている者。

【愛しているよ、とお互いに言ってハグハグの抱き合い】

【私達、幼児なの。幼児みたいに純粋なの】と、のたまわっていました。

団体以外の15名は、唖然。

トイレに行くのにも、通路は踊っている者が塞いでいます。

全国から皆さん来られていますから、わざわざ休みを取り、稼いだお金を握りしめて来られています。

年金のお金を貯めて、来られた年配者も居られました。

怒りと驚きの中で聞こえたのは、【今日は、お勉強の日】という事でした。

いくら宇宙が、愛がと言っていても。。。。

私達は、この3次元の世で今、生きています。

そして、当たり前の事を当たり前にする。人の迷惑になる事をしない。

マナーを守る。人に対して不愉快な事をしない。

そういった事が一番大事です。

どうも、精神世界にどっぷり浸かっている人達、いわゆる【スピ系の人達】は、

肝心要の事が抜けている人達が多いです。

宇宙よりも、まず自分の周りだろ、自分の家庭だろ、自分の子供だろ、

偉そうな事ばっかり言って、ご飯は作らない、子供はほったらかし、何もせずに

好き勝手にして、人の迷惑顧みず、好き勝手な事ばかりする。

そんなもんで、悟っていると勘違いしている。

色々な人がいるのは、当たり前ですが。

マナーをわきまえて、周りの空気読めよ。と怒鳴りたくなったのは、私だけでしょうか?

こういった雰囲気の中、体が反応します。

【早く、毒を出そうよ】そうして、川向うのセブンイレブンまで、ウォシュレットのトイレを求め行ったのでした。

大漁でした。えらく沢山のマイナスがあったみたいです、あの団体には。

宗教団体みたいでした。

今日のお勉強は、地に足をつけて生きましょう。

当たり前の事を当たり前にする事が何よりも大事。

マナーを守りましょう。人の迷惑になる事は、止めましょう。

相手の立場になって、行動しましょう。

そういった、ごくごく当たり前の事でした。

幼児はしつけが出来ている子もいます。

人間の子供より、犬がしつけが出来ている事もあります。

人の振り見て、我振り直せ。です。

不愉快な思いをしましたが、これも勉強でした。

前回、初めて伺った時は、一人、一人が立ち入らずにおとなしくして静かでしたが。

交通費と時間返せと言いたい。あの変な宗教団体に。

【よく、見ておくがいい】と最後に言われたのが聞こえました。

上からの言葉でした。

e0287115_204675.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-10-28 20:38 | Comments(0)

ハトさんより

2016年10月22日(土)11:26

昨日の鳥取県中部を震源とする地震、震度6弱はやはり怖いです。

昨夜は眠れなかった人も多かったのでは、、、大分でも今朝の午前3時33分に

ゾロ目の時に震度4.何かのメッセージかなと思う様な数字。

3,5は動きを表す数字ですから。

不安な人が多くなりますね。

そうして迎えた朝、雨が降っています。

ベランダを見ると、かわいい花がちょこんとありました。

いつものハトさんからの贈り物です。

疲れた心や不安な心を癒してくれます。

お返しのパンを後で、こっそりとあげますね。

全てのものに感謝したくなりました。ハトさんからのお花のお陰です。

e0287115_11353544.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-10-22 11:36 | Comments(0)

不思議でたまらない

2016年10月19日(水)19:49

今日は、『金子みすゞさん風に』

私は不思議でたまらない。

いつも当たり前と思い込んでいる事が

水道の蛇口をひねれば、水が出て熱いお湯も出る事が

暖かいお布団の中で眠りにつけて、安心して眠れる事が

おいしい食べ物をたらふく、いつでも食べられる事が

安心して夜を一人で歩ける事が

トイレもきれいで洗浄トイレが完備っしている施設が多い事が

自由にものが言えて、国や政治家の悪口をいくら言っても

こんな国嫌だといって、死ねと言っても

逮捕されないし、悪口や批判や罵っても、何もされない事

海の向こうでは、爆撃や武器を持った男達が襲ってくる、

震えて泣いている子供や女達がいるけど、絶対自分の国だけは永遠に大丈夫だと

信じ込んでいる人達がいる。

私は不思議でたまらない。

どんな金持ちでも、どんなに偉い人でも明日の命は誰も保障されていない。

永遠にこのままの状態なんて、誰も保障されていないのに

それを信じ込んでいるなんて。

他国を侵略しようともくろんでいる国があるのに、核やミサイルの標的にされているのに

現実を見ようともしない人がいるなんて。

沢山の存在で守られているのに、それに感謝出来ないなんて。

私は不思議でたまらない。

e0287115_2054613.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-10-19 20:06 | Comments(0)

枯れない榊

2016年10月15日(土)19:36

≪依代、よりしろが欲しい≫

そう言われて、会社の近くの祠に榊をあげる様になりました。

【若宮神社の祭神、豊玉姫の命様からです】

海の神様(水神様)の姫神様です。

毎朝、お水を換えてお参りしています。

不思議な事に、室内の暑い所に置いてある訳ではないにしても。

全く枯れないのです。きれいな緑のまま。

道沿いですから、少しは埃をかぶります。

しかし、水を掛けたら、きれいな緑の榊です。

この日の元の国をお守り下さい。と祈ります。

そして、この海の守りの神様が来られたという事は。

この海を守る、近隣諸国からと自然災害のとばっちりを受けない様にと。

近隣諸国の津波の影響を受けない為かもしれません。

油断せず、神々様達と守りと備えましょう。

e0287115_19494890.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-10-15 19:50 | Comments(0)

金子みすゞさん

2016年10月10日(月、体育の日)13:22

私が好きな童謡詩人で、『金子 みすゞさん』がいます。

ある話で知ったのですが、彼女は龍神様が【人間が経験する事を、あらゆる事を経験してみたい】

と、人間の体に受肉した【龍女】でした。

時代も女性が生き難い時代。女性の地位も低いし女性が自立して稼ぐ等本当に厳しい時代でした。

父が小さい頃亡くなりましたが、頭が良く心優しい少女、金子 テルは女学校へと進学します。

e0287115_13322525.jpg


この写真は、テルさんが何歳位かわかりませんが、まだ辛い時期ではない様に思われます。
e0287115_1336374.jpg


それとも、結婚されていた時期なのでしょうか?

金子 テル又は結婚した名字(あまりにも彼女を不幸にした相手なので、名字は知りませんが)

そういった名前であれば、又運命も変わったかもしれません。

しかし、『あらゆる事を経験したい』と選んで生まれたのです。

金子 みすゞ⇒みすゞという名前にした途端に⇒薄幸に変換してしまいました。

そして、夫からのDV(言葉と暴力)下の病気をうつされる等、ありとあらゆる苦労をします。

大きな宝である、娘と引き裂かれる事となった時、覚悟を決めて前日に写真を撮ります。

e0287115_13445640.jpg


何となく、暗い影と死相と。しかし覚悟を決めてしまった顔の様です。

【自殺した人間が、どうなるのかを経験したい】というのもあったのかもしれませんが。

その時に引き離されても、時代が過ぎ時が経てば、生きていれば会える日はきます。

私のおばあちゃんも、亡くなった旦那様が資産家だった為、財産目当ての旦那さんの弟に

子供3人は育ててやるから、出て行けと身一つで追い出されました。

そういった、女が酷い目にあう理不尽な時代でした。

しかし、時が過ぎ本当の事、事実がわかって子供と再会出来ました。

追い出した義理の弟の最後は、憐れでした。そうして、その家も潰れてしまい今は、ありません。

生きていれば、どうにかなるものです。必ず物事は変ります。

話は、戻ります。

みすゞさんのきらきらした感性、子供の様に無邪気な心、魂は人々の心を感動させます。

人間が経験する事を多く経験したい、と龍神様が選んだ魂。

自殺した人間がどうなるのかを十分経験されました。

多くの人がみすゞさんの詩を読む事によって、心が癒され、

そうしてそれが供養になっていくのかもしれません。

又、美しい港町、山口県長門市仙崎へ旅に行きたいです。

きれいな海とかわいい島、弁天島がありました。
[PR]
by sakurakodama3 | 2016-10-10 14:00 | Comments(0)

油断

2016年10月8日(土)18:24

阿蘇山が本日の午前1時46分に噴火しました。

良い意味に考えれば、小出しにしてエネルギーを放出している。

一度に酷い噴火にならない為に。

そして、あるブログによれば、『地下のエネルギーは福岡を通過して海を越えて朝鮮半島へ』

『海の向こうの大地震と白い頭の山の噴火』

の可能性があるとの事。

色々と今後は起きてくる様です。

多くの情報が入ってきますが、共通して言えるのは⇒平和で穏やかな未来の日本はある。

しかしその前に大きな試練があり、犠牲を払うという事。

それを招いたのは、国民の危機意識のなさと現実を見ていなかった事。

内部からの崩壊をさせるために、時間を掛けて仕掛けてあった事。

教育、マスコミ、間違った認識をさせる陰謀、策略。等等。

何が真実なのか、目的は何なのか。

一人、一人が正しい目、意識を持つ様に。

e0287115_183664.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-10-08 18:36 | Comments(0)

板子一枚下は地獄

2016年10月2日(日)10:23

有り難い事に、大きな地震や災害(台風による水害は、ありましたが)ここ数日起きていません。

大雨も裏を返せば、大地震への大地のクッションとなります。

なんとか、大雨によって大地震も防いでもらっています。

漁師の方はいつも漁に出る時は、覚悟を持って海に出られます。

嵐等に会えば、船はいつ転覆するかもわからないからです。

今の日本の状況も正に、その状態です。

防衛も防災も。何とか守られている。

はっきりと申し上げれば、今の憲法(アメリカが制裁として作った憲法では)では、やられっぱなし。

それを知っていて、わざと南の海や数年前の伊豆沖に大挙押し寄せています。

中国の船、漁民もどきの軍人が。

侵略する国(中国その下でそそのかされて動いている北朝鮮)が日本を標的にして

ずっと年月を掛けて動いています。

武器を使ったものばかりでなく、マスコミ、国内野党、自治体の首長、官僚、公務員等の言動。

事実を知れば、映画以上にひどく異常事態です。

今の憲法の下では、自衛隊は抵抗も出来ずに無駄死にします。

武器を持ち、自分の身を守る対応(最低守る為でさえ)をしないと、あまりにも

あまりにも、『この国を守る、子供や国民全てを、財産を守ると汗まみれ、泥まみれになって働いている』

自衛隊の方々が気の毒過ぎます。

事実をきちんと把握もせずに、憲法改正がいつのまにか戦争への道へ突っ走っているとか、

人殺し等という言葉にすりかえて国会議事堂の前のデモや野党のヒステリックな声をあげた方々

自衛隊を守る方向になっていけば、一番困るのはこの日本をいいようにして侵略したい国々であり

その手下の輩です。

デモや野党の主張は、わざわざこの国がどうなってもいい、他国の良い様にされてもいい、と

表明しているのと同じなのです。

そして、アメリカ出ていけと南の島でやりたい放題の暴徒、汚物や危険な液体を掛ける等

している左の方々へ。

南の島々に中国の艦隊が来て、島に上陸しても。アメリカは手を抜き呆れて

勝手にしろ、又痛い目にあうがいい、と去ります。

中国、韓国、北朝鮮の手先の人はそれが狙いなのです


トランプ氏の言動は、本音であり、事実なのです。

それに気付けるかどうか。

そして、更に今のヨーロッパの難民の姿を見て下さい。

国が無くなる、国に住めない事が何と惨めで憐れなものか。

住む家、土地、県、国さえ守れなかったら、国民は難民になってしまうのです。
e0287115_10592880.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-10-02 11:01 | Comments(0)