神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2016年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

愛媛のひずみ

2016年11月26日(土)18:15

愛媛県の上部から真っ直ぐに伸ばした所、宗像沖がアバウトな位置になりますが。

【四国は不気味な事にあまり揺れがありません。

それだけエネルギーが溜まっています。】

愛媛からずっと伸ばした所が宗像の沖、そしてその先が朝鮮半島です。

今、一番油断している危険個所です。加えて、韓国国民のマイナスのエネルギー

不平、不満のエネルギーがマックス状態です。

状況はそんな状況です。

さて、今朝は福岡市東区の『志賀海神社へ』

御使いです。地震対策です。頼まれた事を行い、しばらく佇みます。

その間に、精霊さん達が行います。

地震があると、エネルギースポットがずれてしまい、神様はエネルギー、光の存在ですから

封印される形になるのです。だからその封印を解き放つという事をされる様です。

お借りした力は、石川県の『白山比メ(漢字が変換出来ず)神社のもの』

知り合いの方が行かれたので、とんとんと話が進みました。

志賀海神社で事を済ませた後は、眠くて眠くてたまりませんでした。

帰ってしばしの休み。ぐわーっ、ぐわーっとゴジラもびっくりの眠りの世界に。

どこかで声がします。『凄いね、凄いね』と。

e0287115_18331039.jpg


志賀海神社です。境内は静か。

e0287115_1834257.jpg


本殿の横の≪今宮神社も大切な所≫

そして、裏の山に精霊さんの気配を感じました。

e0287115_18383529.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-11-26 18:39 | Comments(2)

訂正と補足

2016年11月23日(水)勤労感謝の日 20:53

ある事を探究していて、それが道半ばで終わった場合、次こそは絶対仕上げてしまうぞ!

といった意気込みを持って生まれてきます。

桃太郎みたいに『えい、やーっ』と生まれてきます。

例えば、歴史を編纂して『後世に正しく伝えなければ』と記述する仕事に没頭している方

そういった方が、ある事情で途中で切れてしまったら。。。。

次は絶対にやり遂げて終わらせるといった意気込みで生まれてきます。


生まれた場所に祭ってある氏神様⇒氏神様にとっては、かわいい子供です。守りの神様になります。

七五三のお参りや年初めや節目のお参り。

生まれたルーツにまつわる土地の伝承。

その氏神様が【神功皇后様であれば】

縁があり、携わる事となります。

歴史を正しく伝えたい、と古(いにしえ)の過去世の魂が突き動かしています。

あまりにも、過去に為政者の都合の良い様に書き換えられた事実がありますから。

るん、るん。

e0287115_21134765.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-11-23 21:13 | Comments(0)

きっかけ

2016年11月20日(日)13:00

このブログをする【きっかけ】となったのは、アドバイスもありましたが。

大きな理由は、色々なメッセージを受け取り⇒それを発信しなければという思い。

この日本は、大事な転換期にあるという事。

国の存亡の大峠、大変な時期にあるという事。

その様な中で自分の思いを伝えて欲しいと言われたのが【特攻隊の若き青年でした】

顔は、典型的な日本人の顔です。産経新聞に記事を書かれておられる、大学教授の方

東洋学園大学教授 櫻田 淳(さくらだ じゅん)先生の写真を見た時

どこかでお会いした感じ⇒そう思ったら、思い出しました。

あの【特攻隊の青年でした】先生の写真を、お借りしますね。

e0287115_13131180.jpg


櫻田教授が特攻隊の青年だったのでなく、顔が似ていたので出させて頂きました。


さて、話を受けたメッセージによれば、淡々と静かに語られました。

『この日本を守って下さい。私達は、この国を守る為、母やかわいい弟、妹を守る為

命を捧げました。しかし、又この国が危ない状況になっています。

自分達が命を懸けて守ったこの国が、再び危機の状態にあります。』と

切々と訴えてこられました。

情けないというか、戦後からの洗脳や外国(近隣諸国)からの巧妙な手により

情報がというより、大事な情報は入ってこない。

自分達の都合の良い様に操作しています。

従って知っている人は危機感を持っているが、知らない人は『え・?何の事』位のレベルです。

反対に平和、平和の連呼で肝心要の

『家の戸締りをしましょう。子供を守りましょう、には無関心』

動物でさえ、子供を守る為、自分のテレトリーに入って来る者に対して

【命がけで戦い、子供を守ります。時には自分の身と引き換えに】

自分の庭に近所の変なおっさんが数回も入ってきて、今度は武器を持って庭に入ってきても

[鍵掛けるな、戦うと戦争になるから殺されても黙って見ておけ。じっと我慢するのです]、と

左やわけのわからん批評家や女が言いますが。

【そんなバカな話があるか。動物以下やで】

そして、さらに私に度々訴える方々は

【引き揚げの方々です】

中国大陸や朝鮮半島から引き揚げてこられた【棄民】とされた方々です。

難民となられ、命からがら日本に帰って来れた方々、途中で命尽き亡くなられた方々

そういった人達からは、【二度と、私達の様な酷い経験をさせて欲しくない】と、

今度、有事が起きれば、中国にいる日本人は【人質】となり、

日本国政府が自衛隊で救出したくとも、出来なかったのですが、

安保改正により、日本人を救出する事が出来る様になりました。

反対、反対は助けるな、見殺しにしろだったのです。

冷静に考えたらわかりそうなのに。
[PR]
by sakurakodama3 | 2016-11-20 13:41 | Comments(0)

なぜ神功皇后様なのか

2016年11月19日(土)12:14

ここ数年とまではいかなくとも、ずっと【神功皇后様】の存在が大きいです。

私の中でも、この国においても。

【神功皇后様】は、古代のこの国においてあまりにも伝承、不思議な話が多すぎて

その存在が歴史的にも消せない存在の、【偉大な、カリスマ的存在】であったという事です。

歴史学と別にして、感性(見えない世界の存在からは)からは、

国津系の不思議な能力(古代では多かった)

カリスマ的な、特別の方だった様です。

【卑弥呼】は、個人名でなく『役職の名』⇒民と神様とをつなぐ役割を持ち、色々な情報

自然災害や穀物の栽培方法等実務的な教えを受けていた様です。

さて、話は【神功皇后様】に戻ります。

何故今なのか。世の中の大きな建て直し。行きつく所まで行き、ここで仕切り直し。

大ナタを振るう役割をされています。

そして、大きな役目は【この国を守る事、防衛です】

もう全体責任と言われています。

一部の者が国を裏切り、この国を貶めている現実。

それにより、侵略の魔の手がもう侵食している事。

大事な水源や国土を守る事。国民の財産や安全を守る。

何とかしなければ、と今後も大ナタを振るわれます。

九州に特にこの福の岡に【神功皇后伝承が多い事】

とても、この地に縁のある方(前世で側にいたとか、同じ様な存在だった)が多いです。

るんな、るんな。私のかわいい子よ。(ヒントですよ)

勝手に手が動きましたわん。

e0287115_1236134.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-11-19 12:37 | Comments(1)

戦慄

2016年11月18日(金)23:20

色々と情報は入っていました。

しかし、この本【飛鳥新社の『カエルの楽園』が地獄と化す】を読んで戦慄が走りました。

具体的に現実化する事が多くあります。
 
百田 尚樹(ひゃくた なおき)さんと石平(せき へい)さんとの対談ですが。

書いてある事は事実であり、日本が直面している危機です。

危機管理とは、最低最悪の事に対しての対策を立てる事です。

暗澹たる気持ちになります。こんなにも酷い状態なのかと。。。。

全体責任で、日本が滅ぼされない様に、『目覚めよ!!!』

この国と子供達の未来の為に。

あまりにも無責任で酷い、思考停止した大人が多すぎる。。。。。。

e0287115_23321683.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-11-18 23:32 | Comments(0)

耳に入る音楽

2016年11月13日(日)12:50

ここ数日、えらく事故、それに伴う停電、JRが運行出来ないといった状態が多過ぎです。

【形を変えたテロか又は予行演習】の気がしてなりません。

どうにも腑に落ちないのです。

混乱に貶めてやろう、どんな状況になるのか見てみたい等等、不埒な(ふらち)な輩(やから)は

多くいるのです。残念ながら。反日という、日本を憎んでいる日本国籍でない者、

帰化した日本人、そして日本人の中にも。。。

残念ながら、この国を憎み、呪っている輩がいます。

来年、今年末からかもしれません、2017年~大変な大変な年になってきます。

ああ、今日も何事もなく無事に過ごせた、とほっとする日が多くなると思います。

それだけ、地球という生命体も苦しみ、浄化している状態です。

加えて人々の思いが重いになり、その想念が黒く酷くなればなるほど災害も酷くなります。

+の思いは困難を無難にしますが、あまり-が多いと引き寄せてしまうのです。

増々不安な人が増えてきます。

備えを怠らず、危機管理で何とか乗り越えましょう。

近所付き合いが嫌等言っている場合ではないのです。遠くの身内より近所の他人。

皆で助け合い、分かち合うしかありません。

さて、緊張を強いられる事が多いですが、ふと耳に入る音楽がありました。

林部 智史さんの『あいたい』です。

何か韓流ドラマのテーマ曲みたいに『切なくて、胸きゅんになります』

平井 堅さんの『愛してる(アイシテル)』の歌にも通じる、『鎮魂歌』の様です

亡くなった人を思う。哀しい、切ない、やりきれない思いがつのります。

こういった音楽が耳に入る時は、防災意識、ご用心の時です。

スマトラの大地震の時の前には、ずっと脳内に『アヴェ マリア』が流れていました。

今、普通の生活が出来る事に本当に感謝です。

e0287115_13145310.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-11-13 13:15 | Comments(0)

情報

2016年11月12日(土)18:29

今の時代、情報を多くというよりは、正しい情報、可能性のある情報を持っている方が

損得ではないですが、酷い経験をしなくて済みます。

【生き易い】と言っては、少し語弊があるかもしれませんが。

例えば、2016年4月14日、16日の熊本地震についてはその前の年の12月9日に

【大きい地震がくるから、地震保険や備えた方が良い】というのをある方から聞いていました。

そして、地震保険を掛けた方や水や食料を備えていた人は動揺せずに何とか切り抜けました。

私が聞いた情報、色々なブログやお師匠さんや見えない存在の方々から事は惜しみなく

このブログを通じてお伝えしようと思います。

たとえ、それが外れてもそれは、それで今後気をつける警鐘になれば良いと思います。

さて、今朝、いつもの様に会社の近くの祠の榊の水を換えてました。

そこに、現れたのが警備会社の人、顔なじみのおっちゃんです。

その人曰く、<神様は、下に台座を置いて欲しいと言われている。作らなければ>と勝手に言いだしました。

私が聞いたのは、【依りしろ】よりどころが欲しいといった言葉だけでした。

でも、勝手に~と言われているとか決めつけた事を言われ、不愉快でした。

ああ、そうですか。で済ませましたが。こうやって勝手に決めつけてしまうんだな、と

そうして、勝手な思い込みから変な事になっていくんだなと、宗教団体しかり、詐欺集団しかり。

話は少しそれますが、10年位前に聞いた言葉があります。【王家と天皇家の違い】

⇒王様は、征服した人。天皇家は、神様と民を結ぶ役割、例えば大きな嵐(今でいう台風)

が来る前には、神様からのお知らせがあり⇒それを民に知らせ避難させたり食料を貯えさせたりする。

神様と人々を結ぶ中間の大事な役目があるそうです。

話がそれましたが、受け取った情報はそれを外へ伝えて他の人々の役に立ってこそ価値、

役割が果たせます。目的はお助けなのですから。

しかし、会いたくない場面で出くわしたその『警備のおっちゃん』は、人に色々と伝えるな。

気が違う(キチガイ)になるから。自分の中だけに閉じ込めておけ。というものでした。

タイトルの【情報】というのは、聞いた事を伝える。自分の思い込み等を決して入れない事です。

そうしないと、正しい情報が入ってこないし。自分の『我』が入ると、それは魔が入る事にもなります。

真っ新な心で受け止め、それを正しく伝える事。

それが受け取った者の上、神々様への礼儀です。

不愉快な思いを少ししましたが、それはそれで今後の自分の戒めとします。

そのオッチャンはこうも言いました。『色々わかっても、ノートにつけておくだけにしいや』

『わしが金出してやるから』

フン、要らんわい。

~を作れ。こうしろ等とは、まず正しい神様であれば、そういった事は言われません。

神様の名をかたった、『魔』です。未浄化霊や低い動物霊です。

その後、心を鎮める為と地震に関する目的の為

櫛田神社へ、櫛名田姫様と白龍様へ参拝に。

e0287115_1925780.jpg


天気は、良くて七五三のお参りの子供達もいました。

e0287115_194470.jpg


遠くから、写させて頂きました。白龍様がおられる所です。

心が落ち着きました。

2017年は本当に大変な年になります。少しずつ今後も出していきます。『情報を』
[PR]
by sakurakodama3 | 2016-11-12 19:05 | Comments(0)

裏の志摩

2016年11月6日(日)11:25

最近、福岡県糸島の【志摩】に心惹かれます。

この前、【二見ヶ浦】の浜に御神酒をまいたのですが、それ以後何となく

心惹かれるというか、呼ばれる感じがあります。

何故だか、そこにしか行く所がないといった感じです。他の地域に行く気がなくなった感じです。

その土地、その店に行けば落ち着く、心休まるというのは磁場が良いからと聞いた事があります。

確かに安らぎます。

櫻井神社(さくらい神社)の本殿と向いの神殿。

三重県の伊勢神宮が表に対して、ここは裏の志摩、浦志摩とされています。

2010年に瀬織津姫様(水神様)が御写りになられて(軽く表現したくないので)

厳かな雰囲気や畏れ(神様に対する感謝や敬いの心)を感じました。

e0287115_11394919.jpg


何かゆっくり過ごしたい、との思いでお昼のランチを食べたのが

櫻井神社に近いカフェの【ピノ グリ】

おいしいグリーンカレーと紅茶でまったりしました。

木の家具や彫刻に囲まれて、癒されます。
[PR]
by sakurakodama3 | 2016-11-06 11:43 | Comments(0)
2016年11月3日(木)17:42

今日は、文化の日ですが。本来は文化の日では、なかったはず。

色々と思う事は、ありますが。

さて、会社の近くの【コンクリーの祠】

この祠に、依代(よりしろ)が欲しいと言われ、榊を1対立て2か月以上になりますが。

榊は、緑のまま枯れていません。

そして、元々は【スクナヒコナ神様】がここに、おられたとの事。

おとぎ話の【一寸法師】のルーツとされている小人神様です。

大国主の命の神様と一緒に国造りをされ、農業や医薬神、酒神、温泉神とされています。

妖精の様なイメージですが、あまりメジャーでないと言ったら語弊がありますが。

あまり表には出ていない神様です。

今後も、毎日参拝させて頂きたいと思っています。

更にといっては不思議なのですが、私のバックアップ軍団が交代されていました。

【出雲系の武将の様な方です】

今年一杯か来年ぼ始め位まで、色々と起きる様なので。

【戦いの神様の様な、強い者が要求される時代になりそうです。】

戦って守る。必死になって守らなければならない状況になりそうです。

e0287115_186146.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-11-03 18:08 | Comments(0)