神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

謎解き

2017年2月27日(月)21:27

今、謎解きがなかなか解けず、頭をひねっています。

ある、ブログにあった【キムに始まり、とどめはカトリ】

解散したグループになぞらえた言葉ですが、なかなか解けません。

キムは韓国にある名前なので、韓国からの暴動かな、と思いましたが

【暗殺があったので】北朝鮮からの化学兵器

とどめは、カトリ⇒カトリ神社?蚊取りは、金鳥⇒金の鳥は日本の事?

化学兵器で攻撃を受ける?にも取れます。

2016年の10月30日のこのブログには、『化学兵器によって引き起こされる白頭山の噴火』

と、お師匠さんから聞いた言葉を引用しています。

化学兵器を搭載した、ミサイルかロケットが打ち上げに失敗して元に戻り

それが、軌道を外れて白頭山の噴火を誘発してしまう。

現実には、十分にあり得る事です。

20年程前に聞いた事があります。

『北朝鮮の軍人は、生きる為に食料を得る為にありとあらゆる事をする』

兵器や武器を売りさばく。それは化学兵器だったり、核だったり。

ただ、食料の為、生きる為に何だってする。そして世界は恐怖に震えると。

早くどうにかしないと。そうして、トランプさんは、動くかもしれません。

3月は要注意です。世界情勢も地震も自然災害も。

e0287115_21434110.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2017-02-27 21:46 | Comments(0)

住んでいる所を愛する

2017年2月25日(土)13:16

私は家族が好きです。(時々色々とあります)

私は家が好きです。(時々けんかもします)

私は住んでいる町が好きです。

私は住んでいる、この市、この県が好きです。

そして、この九州、この国が好きです。

家族の延長である、この国が好きです。

住む所も食べ物も、水も電気もガスも、スイッチ一つで繋がります。

何と恵まれているのでしょう。

襲撃してくる敵や爆撃もありません。医療の設備も薬もあります。

この幸せは、ただ平和であるからだけでもありません。

人々が眠っている間も警戒し守る人が居る事。

陰で支える多くの人々がいるお蔭です。

野菜一つにしたって、畑から多くの人を通じ食卓に到着します。

人々が不満、悪口、詐欺ばかりのマイナスだらけであれば、、、、、

黒い渦は、国を覆い国を滅ぼすでしょう。

道徳心、良心のかけらも無くし、自分だけの事ばかりで酷い状態になれば

別の大きな力が働きます。

国を愛するというと、すぐ右翼だ、軍国主義の復活と騒ぎたてる人々がいます。

そういった人々に私はこう言いたい【家族の延長がこの国なのです】

【住まわせて頂き、何不自由ない生活ができるのも多くの人々や見えない方々のお陰】

感謝が幸せを継続させます。

国があっての家族を思い知らされる時がもうすぐ来ます。

e0287115_13332975.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2017-02-25 13:33 | Comments(0)

現実の事に

2017年2月19日(日)20:39

自衛隊が日本人救出の為の訓練を行いました。

世界情勢を見れば、一見平和に見えても水面下では凄い戦いなのです。

サイバー攻撃、事故に見せかけたテロ、放火、

情報を知っている組織、国等では着々と準備をしています。

今度の自衛隊の訓練も近い内に現実として起き得る事なのです。

危機管理とは、最悪の事を想定してそれに対する対策をたてる事。

わあわあと反対、反対する妨害する者達は放っておき、生き延びる為に必死で生きましょう。

e0287115_2102576.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2017-02-19 21:00 | Comments(0)
2017年2月13日(月)20:28

夢物語として、聞いてもらっていいです。

私の後ろに居られる方は交代されて(去年末位に)初めて男性の方が後ろにおられます。

出雲の方で、武闘派に見え、100人位の方を動かす様な武将の様な、首長の様な

雰囲気の方の様です。

どうして、そんな方が。。。。?答は世の中が緊張するからです。

やるかやられるかの戦国時代の様な、死と隣り合わせになる様な事態が起きるという事です。

急にでなく、今の状態、水面下でもうヒントはあります。

そういった懸念があるからこそ、総理は精力的に動かれています。

というより、ある程度知らされているからこその動きだと思います。

野党からは、ぼろくそに言われますが、『では、あなた方が世界の指導者達から信頼されていますか・

指導者達を日本に呼べる程の信頼関係を築いていますか。』なのです。

売国奴と呼ばれる様な事を堂々と国の税金を使っている、あの政党や議員。

名前は出さないけど酷いものです。テレビには、正直に写り、行っている事が聞こえてきます。

オリンピックというけれど、オリンピックどころではないですよ。

すわ、戦争かという時に大災害が世界中で起こり、どんブラこっこと

ノアの箱舟の様に『日本丸』は何とか航海をします。

数年前に聞こえて、言われた事【しばしの間、大変起こる。しばしの間じゃ、辛抱なされ】

その言葉が響きます。

e0287115_2048216.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2017-02-13 20:49 | Comments(0)

御神酒あげと蔵開き

2017年2月12日(日)20:57

2月4日の土曜に朝から車を走らせて、『お使いです』

幣立神社の八大龍王様へ、参拝と御神酒上げ、塩で浄めです。

神界の大みそかは、節分の2月3日。そして正月が2月4日にあたります。

新年の挨拶や預かったお賽銭あげ、金粉入りのお酒を頂いたので、龍神様へ捧げます。

龍神様は、お酒がお好きだとか。よくカップ酒の蓋を開けてあげてありますが

人間界とは違い、開けなくてもいいそうです。蓋を開けたら、虫やほこり、ごみが入り

かえって失礼にあたります。蓋を通して飲まれるとの事。

≪氣を飲まれるそうです≫感謝の氣、気体の氣等々

場所がら、どうしても色々な方が来られるので、穢れがついています。

祓う為にも、粗塩をふって、結界を作ります。

本当は、御神酒をまいて、粗塩で結界を張りたいのですが。

e0287115_21103769.jpg


e0287115_2111293.jpg


池の周り、水源に撒かせて頂きました。人が居ない時に、こっそりと。

これから、大変な年になる。と、気を引き締めました。

そして、1週間が過ぎ。今日は蔵開き、御神酒を買いに行きました。

宗像神社へ向かう途中より直方方面へ行く途中、亀の尾 伊豆本店へ。

e0287115_21215334.jpg


亀さんのお出迎え。創業300年です

e0287115_21225275.jpg


今年は、去年お会いした【お酒の神様、おおやまくいのみことさま】

白い、真っ直ぐな長いひげの神様がいらした所へは、入れませんでした。

でも、ここでは、虹色の光が瀧の様に流れていました。

ざあざあ、と虹色の瀧でした。緑や青の光も観えます。

初めて観る光景でした。(見るでなく観るのです)

e0287115_2126964.jpg


今年も不思議な光景を観させて頂きました。ありがとうございます。

甘酒が昨日で売り切れて残念でした。雪で昨日行けなかったもんね。
[PR]
by sakurakodama3 | 2017-02-12 21:32 | Comments(0)

難破船

2017年2月1日(水)13時20分
今は、そうでもないのですが頭の中でずっと流れていた曲がありました。

加藤登紀子さん作詞、作曲の【難破船です】

中森明菜さんが歌い、ヒットした曲ですが、あまりにも、中森明菜さんに『はまりすぎて』

彼女の心境を思い、涙した方も多いのではないでしょうか。

この【難破船】➡お師匠様へ尋ねたら、過去世で今の中国、韓国と戦った事が多かった為

逃れて来る難民への警告。将来への警告だそうです。

国の内戦、混乱、他国との戦いや天変地異で逃れて来る難民。

救助を求めるとしながらも、侵略しようと艦船で来る中国。

韓国にはもう、そういった余裕もない。(艦船を持つ余裕なし)

日本には、水も食料も土地もある、何もかもが揃っている。

それなら、人道上と言う名の侵略だって可能です。

自分達が生き残る為には、よからぬ輩は考えます。

私に降りた警告とみなし、出来る事はしていこうと、気を引き締めました。

【SHIP】船と訳しますが、飛行機、航空機もSHIPと言います。

そう考えれば、今のアメリカの空港での混乱もそうかもしれません。

行き場のない航海、不安しかない航路。。。。。

さて、歌の難破船に戻れば、中森明菜さん、加藤登紀子さんお二人とも修羅場をくぐり抜けています。

加藤登紀子さんは、経験も凄いし生きている年月も長いです。

歌の力強さは凄いです。【血へどを吐く様な凄みがあります】

今は、知りませんが中森明菜さんの場合、歌がヒットしていた頃は、

風になびく、コスモスの様で哀れさと、切なさ、悲しみ、弱さがありました。

この人の場合、【人を信じる、信頼を学ぶという大きな宿題を持って生まれていて】

酷く、身内からも、好きになって身も心も捧げて相当な金をつぎ込んだ男性からも裏切られ

ぼろぼろになりました。

今は、どうしているのでしょう?逃げないで正面から向い合っているのでしょうか?

経験が全て歌の肥やしとなれば人の心を打つ凄い歌い手さんになるのに。

歌がうまいんだから、待っているファンも多いんだから。

e0287115_20311463.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2017-02-01 13:15 | Comments(0)