神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

負けるが勝ち

2012年10月8日(月)13:12
早朝6:00からの勤務、花市場での仕事です。買参人(業者さんがセリで買い付けます)さんへのアンケート取り。県の農林水産物の拡販や実状把握の為等です。しかし素人の私が考えてもわかる様に、買い付けたら⇒即、店に帰り開店の準備。時間に追われます。朝から、そんなアンケート書く余裕なんてありません。すぐに回答できるものではありませんから。すぐ書いてというのが無理。段取りが、あまりにも悪すぎる。
今年の私のテーマは⇒色々な人達と会って学ぶです。来年から色々な扉が開きます。今回の仕事で知り合ったIさん、未婚の45歳位の女性ですが。ある組織の方で、私達スタッフの一応。。。指導という事になっています。が、何と「典型的な、おばさんタイプ!」「私が正しい。私が一番が」スタッフにもろにきます。
e0287115_13334686.jpg
少しでも、意見を言ったりすると、彼女の目が言います「あなた、私に口答えするの!私を誰だと思っているの?」こういったタイプには「はい。そうですね。」というのが一番。酸いも甘いもの世界を知っている、スタッフのお姉さま方の勝ちです。見えるのは「井の中の蛙(かわず)」「社内や社外で誰も彼女に意見を言わない、いや、言わせない。諭される事がない」事です。民間の会社では、全く通用しません。
花市場にあった様々な花の中で、胡蝶蘭は凛としてその存在感を示しています。スタッフのお姉さま方達の姿です。「典型的な≪私が一番≫タイプ」はちっとも美しくありません。誰も見ようともしません。何だか、哀れさだけしかありません。
[PR]
by sakurakodama3 | 2012-10-08 13:35 | Comments(0)