神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村 哲医師

2013年9月23日(月)10:49

昨日は、宮地嶽神社に行き奥の稲荷神社のインパクトが強かった為か不思議な夢をみました。

白いキツネさんが小判をちゃりんちゃりんと音を立てながら目の前に小判の山を作り、≪あげるよ≫

と言われたのですが、白い犬が現われて

≪キツネさんも色々いるんだから、よく観ないとダメだよ。引き換えに、取られるからね≫と諭す様に話して、夢は

それで終わりました。そうだよね、何かを得れば、何かを無くす。

よくよく考えようと妙に納得しました。

さて、以前より感じていた事なのですが、9月21日土曜の毎日新聞朝刊に掲載されていたので書きます。

医師であり、パキスタン、アフガニスタンで人道支援活動を続ける≪中村 哲さん≫についてです。

非政府組織「ペシャワール会」を率いておられますが、血筋が凄いのです。伯父が芥川償作家の火野 葦平

そして祖父が葦平作『花と龍』で映画、ドラマにも描かれた≪玉井 金五郎≫若松港湾荷役業「玉井組」親方

火野 葦平さんが小説にしなければ、玉井 金五郎さんも有名にはならなかったのですが、

この金五郎さんと中村 哲医師が、私には《二人羽織の様に》二人で一つに観えるのです。

顔も似ていらっしゃいますが、個人を超えた無私の行動やリーダーシップ。

時には、ヤクザ映画そのものの事もあったでしょうが、≪祖父と孫、お互いがお互いを助け合っている≫様です。

祖父と孫の関係は親子の繋がりより、とても強い事があります。

行動そのものが、先祖供養であり、逆の孫助けにもなります。

一粒の大きな種が、日本の危機を救う事にもなります。

この様な行動が大きなうねりとなる事、ご先祖様だけでなく神々様の方から来られ、応援されているのです。
e0287115_11214614.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-09-23 11:18 | Comments(0)