神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

地名

2014年11月10日(月)21:27

仕事で行った所の地名、『社家町』

社家(しゃけ)とは、日本の身分のひとつ。代々特定神社の神職を世襲してきた家(氏族)のことである。明治維新以前より現代まで世襲している神職家のことをいう。

神社の近くの町、櫛田神社の近くにも以前、今もある?かもしれませんが

神社の神職をされていた方々の町の様です。

地名には、多くのヒントや災害が起きる可能性があるので気をつけるようにと

警告の意味もあります。

『猿渡、さるわたりとかさわたり等』 猿が川を渡る

元々、河原だった所の様です。旧い地名から新しいしゃれた名前に変えたりすると

その土地のいわれ、その土地がどういった土地か、わからなくなります。

地名一つにしても、多くの引き出し、ヒントがあります。

仕事で訪れた所は、福の神様がおられました。

山の神、奥様とねこちゃん、そしてご主人も皆良い顔されてました。

不平不満顔は貧乏神を呼び、にこにこ顔は笑い売るで商売。

えびすさんやおたふくさん大黒さんがずらりです。

e0287115_21384123.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2014-11-10 21:39 | Comments(0)