神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お稲荷様につないで頂く

2016年3月20日(日)20:59

知り合いが、山で失礼な事をしました。

そして会社で次々と病人が出ました。本人がお詫びするのが一番ですが

そういった事を信じません。で、結局本日に私が代りにお詫びで伺いました。

直接、その山神様の祠に行ければいいのですが、全く場所がわかりません。

色々とお聞きして、その山のふもとにあるお稲荷様につないで頂きお詫びにその稲荷様へ。

e0287115_2164362.jpg


山の中です。昼間でも用心しないと危ない感じです。

まずは掃除。大きい雑巾を忘れて、アチャー。

あれだけ、持っていったらいいよ、と言われたのに。とにかく浄めてからです。

白いおきつねさんも2体あったので、きれいな布で浄めます。

亡くなった藤圭子さんを思い出しました。あの方には、白いきれいなお稲荷様がいました。

掃除をして、御煮しめ(里芋、ゴボウ、おあげさん)と御神酒をあげます。

そして、山神様へ失礼をしたお詫びとお稲荷様へつないで頂く様お願いしました。

不思議な事に奥の方で金色に光っていました。金の龍神様の様に。

金色の蛇でなく、龍神様でした。

そして、ゴミを袋に入れて、上げた御神酒を周りにまきます。

そのままにしていたら、カビが生え、逆にとても失礼になるのです。

そして、上げた御煮しめも持って帰ります。そして、きちんと食べます。(直会、なおらいと同じです)

お詫びとお礼を言って、山の中のお稲荷様を後にしました。

山の神様、水の神様は本当に畏れ多い神様です。

失礼のない様に、気を付けなければ。
[PR]
by sakurakodama3 | 2016-03-20 21:19 | Comments(0)