神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

板子一枚下は地獄

2016年10月2日(日)10:23

有り難い事に、大きな地震や災害(台風による水害は、ありましたが)ここ数日起きていません。

大雨も裏を返せば、大地震への大地のクッションとなります。

なんとか、大雨によって大地震も防いでもらっています。

漁師の方はいつも漁に出る時は、覚悟を持って海に出られます。

嵐等に会えば、船はいつ転覆するかもわからないからです。

今の日本の状況も正に、その状態です。

防衛も防災も。何とか守られている。

はっきりと申し上げれば、今の憲法(アメリカが制裁として作った憲法では)では、やられっぱなし。

それを知っていて、わざと南の海や数年前の伊豆沖に大挙押し寄せています。

中国の船、漁民もどきの軍人が。

侵略する国(中国その下でそそのかされて動いている北朝鮮)が日本を標的にして

ずっと年月を掛けて動いています。

武器を使ったものばかりでなく、マスコミ、国内野党、自治体の首長、官僚、公務員等の言動。

事実を知れば、映画以上にひどく異常事態です。

今の憲法の下では、自衛隊は抵抗も出来ずに無駄死にします。

武器を持ち、自分の身を守る対応(最低守る為でさえ)をしないと、あまりにも

あまりにも、『この国を守る、子供や国民全てを、財産を守ると汗まみれ、泥まみれになって働いている』

自衛隊の方々が気の毒過ぎます。

事実をきちんと把握もせずに、憲法改正がいつのまにか戦争への道へ突っ走っているとか、

人殺し等という言葉にすりかえて国会議事堂の前のデモや野党のヒステリックな声をあげた方々

自衛隊を守る方向になっていけば、一番困るのはこの日本をいいようにして侵略したい国々であり

その手下の輩です。

デモや野党の主張は、わざわざこの国がどうなってもいい、他国の良い様にされてもいい、と

表明しているのと同じなのです。

そして、アメリカ出ていけと南の島でやりたい放題の暴徒、汚物や危険な液体を掛ける等

している左の方々へ。

南の島々に中国の艦隊が来て、島に上陸しても。アメリカは手を抜き呆れて

勝手にしろ、又痛い目にあうがいい、と去ります。

中国、韓国、北朝鮮の手先の人はそれが狙いなのです


トランプ氏の言動は、本音であり、事実なのです。

それに気付けるかどうか。

そして、更に今のヨーロッパの難民の姿を見て下さい。

国が無くなる、国に住めない事が何と惨めで憐れなものか。

住む家、土地、県、国さえ守れなかったら、国民は難民になってしまうのです。
e0287115_10592880.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-10-02 11:01 | Comments(0)