神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

難破船

2017年2月1日(水)13時20分
今は、そうでもないのですが頭の中でずっと流れていた曲がありました。

加藤登紀子さん作詞、作曲の【難破船です】

中森明菜さんが歌い、ヒットした曲ですが、あまりにも、中森明菜さんに『はまりすぎて』

彼女の心境を思い、涙した方も多いのではないでしょうか。

この【難破船】➡お師匠様へ尋ねたら、過去世で今の中国、韓国と戦った事が多かった為

逃れて来る難民への警告。将来への警告だそうです。

国の内戦、混乱、他国との戦いや天変地異で逃れて来る難民。

救助を求めるとしながらも、侵略しようと艦船で来る中国。

韓国にはもう、そういった余裕もない。(艦船を持つ余裕なし)

日本には、水も食料も土地もある、何もかもが揃っている。

それなら、人道上と言う名の侵略だって可能です。

自分達が生き残る為には、よからぬ輩は考えます。

私に降りた警告とみなし、出来る事はしていこうと、気を引き締めました。

【SHIP】船と訳しますが、飛行機、航空機もSHIPと言います。

そう考えれば、今のアメリカの空港での混乱もそうかもしれません。

行き場のない航海、不安しかない航路。。。。。

さて、歌の難破船に戻れば、中森明菜さん、加藤登紀子さんお二人とも修羅場をくぐり抜けています。

加藤登紀子さんは、経験も凄いし生きている年月も長いです。

歌の力強さは凄いです。【血へどを吐く様な凄みがあります】

今は、知りませんが中森明菜さんの場合、歌がヒットしていた頃は、

風になびく、コスモスの様で哀れさと、切なさ、悲しみ、弱さがありました。

この人の場合、【人を信じる、信頼を学ぶという大きな宿題を持って生まれていて】

酷く、身内からも、好きになって身も心も捧げて相当な金をつぎ込んだ男性からも裏切られ

ぼろぼろになりました。

今は、どうしているのでしょう?逃げないで正面から向い合っているのでしょうか?

経験が全て歌の肥やしとなれば人の心を打つ凄い歌い手さんになるのに。

歌がうまいんだから、待っているファンも多いんだから。

e0287115_20311463.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2017-02-01 13:15 | Comments(0)