神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

クリーク



2018年4月29日(日)18:45

夢にみて気になったので、27日、28日と連日でクリークのある場所へ行きました。

柳川市です。

行う事には、躊躇(ちゅうちょ)はなかったのですが。着いた時のキロ数が⇒ゴーゴーゴー
e0287115_18484030.jpg
夢の中と同じ、水路、クリークがあります。

e0287115_18503345.jpg
まずは、水天宮様へお参り、ご挨拶

久留米の水天宮と違い、小さいお宮ですが大事な水神様

e0287115_18541169.jpg
数分歩いた所に、『龍神社があります』

ひっそりとした小さいお宮ですが、お手水もなく少しさみしい感じ

境内の松の木も少し寂しそう。松の木には精霊さんが寄ります。

ご挨拶をして、目的の行動をして帰路に着きました。
e0287115_18575690.jpg
e0287115_18583235.jpg
さて、近隣の半島の件ですが、、、、、
完全に北が南を食い
南の中で混乱が多く起きて、難民となり多くの人が日本へ押し寄せる可能性が大きいです。

北から拉致された人達を返す条件として多額の金額を要求して

核で脅かす様になる。

国難がもっと酷くなります。

朝起きたら、海岸に多くの見知らぬ人がごろごろしている。外出が出来ない。

通勤、通学、普段の買い物も出来ない。戒厳令も出るかもしれません。

法整備も出来ていない。野党とマスコミの妨害で何一つ出来ていなかった。
あれは、全て仕組まれた事。気付いた時には、もう遅いのです。

最低、最悪の想定をして⇒その対策を万全にして準備や法律や憲法の改正を行うのが危機管理

何もさせないのは、意図があるから。指示があるからです。

3か国の反日という目的が共通しており、何より半島を飲み込むパンダの国が大口開けています。

大きな災害が半島に押し寄せ、泣きっつらに蜂の状態になります。

あの時は自由があったと、後になり思い知る事が半島に(南)にあります。









[PR]
by sakurakodama3 | 2018-04-29 19:08 | Comments(0)