神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今年も最後

2012年12月31日(月)12:58
2012年も今日で最後。個人的には色々とありましたが、つつがなく無事に過ごせました。何とか生活出来るのも周りや上の方々のお蔭と思って感謝しております。今年はこだまちゃんからのプレゼントではくちゃんが来たり。又山神様である、‘いわなが姫様’の封印が解けた事と嬉しい事がたくさん起きました。来年~もまだまだ気が抜けませんが、本当に大変な大変な国難になってきます。2015年位までは気が抜けません。命に代えてもこの国を守るというお方が多くはおられますが。さて、来年も出来る事から色々とさせて頂きます。決して奢らず、(おごらず)高ぶらず。今まで散々そういった人々を見せつけられました。よく見ておくがいい。と言われた言葉をかみしめて。人の振り見てで過ごします。一体何様なんだという事が無いように。
e0287115_13174272.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-31 13:20 | Comments(0)
2012年12月30日(日)20:58
28日~熊本へ墓参りやヘナ染め等の用事を済ませに帰って参りました。ヘナ染めの後のシャンプーでこだまちゃん曰く≪穴をのぞいたら、大きなりゅうさんがいたよ。と目を大きく見開いてビックリ。まんまるおめめでびっくりくり、だったそうです≫ちいねえさんの解説によると。松尾弁財天のいわなが姫様(山神様)の封印が解けて、緑の大きな龍神様がいらっしゃった。天使や精霊にあたる、‘こだまちゃん’が穴の中をのぞいたら、大きな、大きな緑の龍神様がいらっしゃったので、とてもとても驚いてしまったとの事でした。3次元の世なので、私が移動してお参りや榊の水替えをしている間に≪こだまちゃんやさくら姫様≫が別の次元で色々とされていた様です。和歌が聞こえるけれど、それが完全な歌とならず、とぎれとぎれ。いずれにしても、封印が解けて良かった。お正月開けてから、又伺いたいと思っています。こだまちゃん、さくら姫様、このはなさくやの姫様ありがとうございます。あ、それから母方のお墓のすぐ後ろにおおきな≪さざんかの木≫があって赤い花がたくさん咲いていました。ちいねえさんがお墓のすぐ近くに赤い花があるよ。と前から言われていて。母もびっくりしていました。来た事もないのに、よくわかったねと。正月開けて、すぐ供養をします。いずれにしても、28日と30日は雨風で出来ませんでしたから。
e0287115_2117253.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-30 21:20 | Comments(0)

良いお母さんは良い上司

2012年12月27日(木)20:55
仕事は出来、てきぱきしっかりしている人がいます。美人でかっこいいです。でも自分達に少しでも不利になると、容赦なく強くなり、戦います。その様子を見て考えさせられました。良い人だけど、数字の「2」母性の受け入れる、包み込むとか、女性性がないのです。相手を受け入れ、認めるがありません。「確かにあなたの言う事は正しいけれど」のぼやきが聞こえます。支店長も女性ですが、部下に色々言っているのが嫌がおうでも聞こえてしまいますが。聞こえてくるのは、相手に有無を言わさず追い詰め、責め立てる様な口調です。相手の悲鳴が聞こえます。≪どうして、皆うまくやらないのだろう。相手を追い詰めたら何もならないのに。子供を育てるのと同じなのに、部下を育てる様にしたらいいのに。言葉でも相手を引き出す様にしたらいいのに。≫周りを見ながら、つくづく思います。
e0287115_2182969.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-27 21:09 | Comments(0)

漢方の力

2012年12月26日(水)20:06
最近、漢方の煎じ薬を飲むようになってからすごく皮膚のかゆみが少なくなってきました。早く飲めば良かったのにと思う事しきりです。女性ホルモンの減少により、急にアレルギーになったり、皮膚のかゆみ等様々な症状が出ていましたが。薬局で目にした、亀さんの煎じ薬。⇒光が六角形に見えてるせいもあり、亀さんにはとても親近感がありました。商品は福岡薬工社の商品で長年続く漢方製造業者、今の社長さんはアレルギー、小児科の現役のお医者様。おまけに商品に描かれている亀というよりは、熊本県八代の妙見さんの≪がめ様≫に似ています。龍神様と亀様の合体みたいです。さて、私の実体験を通して、やっぱり≪血の道≫は大切だなと身にしみました。殆どの病は血の道からです。川の流れと同じ様にきれいな水がさらさらと流れるのがよろしいようで。怒りや憎しみやマイナスのエネルギーばかり出していると、血はどろどろになります。食べ物にも、生き方、意識全てのものに気をつけなければ。体は正直。すぐに表れます。
e0287115_2023129.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-26 20:25 | Comments(0)

能古島行き

2012年12月25日(火)18:39
12月に入って最初で今年最後の能古島行きになりました。何かと忙しくなかなか行けなかった為、今日の25日になりました。本日は、安倍内閣の人事発表となりましたが。ここ能古島は、刀伊の乱(といのらん)が起きた場所です。元寇の前に、いわゆる外人、中国からの侵略を受けて恐怖の日々を送ったのです。教科書では教えません、何故でしょうね。起った事は教えればいいのに。歪曲した事では、ないのに。さて、白髭神社の龍神宮の榊、水替え。御神酒、鈴によるお浄め。掃除はする必要ありませんでした。きれいだから。しばらく来なかったお詫びをして、どうかこの国難を乗り越えられます様にと(こういったお願いは良い様です)自分達で出来る事は出来るだけしますからと。意識を高く持ちますからと、しっかりとお伝えしました。しばらく歩いた龍の宮にも榊、水替え。御神酒、鈴によるお浄め。とさせて頂きました。帰りの船に乗る時に、太陽からのたくさんの光を頂き、それが何よりのお礼を言われた様で。とてもありがたく感じました。
e0287115_1854455.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-25 18:57 | Comments(0)

当たり前がある贅沢

2012年12月24日(月)20:48
今日は現場での仕事の最終日。寒い雪がちらつく日でした。お昼のお弁当を食べていた時に聞こえてきた歌の一節に≪当たり前の事がある贅沢≫というのがありました。普通に皆過ごしていますが、どんな金持ちでも、どんな国に住んでいても、誰一人として明日という日を絶対的に保障されている人はいません。当たり前に明日が来ると思い込んでいるだけなのです。明日何が起きるかわからない。そういった時代に入っています。他国を脅かして、周辺諸国を脅かしている国、チベットの人々を苦しませ、チベットの種自体を滅亡させようとしている大国、当たり前の日常がいつ絶たれてしまうかもしれません。自分達がした行いによって、自らを滅ぼしてしまいます。
e0287115_20595342.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-24 21:01 | Comments(0)

お互いの受け取り方

2012年12月23日(日)20:48
降雪が予想される寒い中、原鶴までの仕事でした。幸い雪が降り積もる事もなく、一日過ごせました。色々なお客様と接すると考えさせられる事が多くあります。今日も朝からおばあさんが重い柿が入った箱を持とうとしていたので、「大丈夫ですか。レジはあちらです。」と言ったとたんに「いつも来てるから、わかっとります」といきなり怒られてしまいました。うーんここで授業で言えば、≪はい、ここがポイントですよ。よく試験にでます。≫と先生が言うところでしょう。言われたおばあさんにしてみれば⇒いつもの様に好きな様に買っているのに、一々言われんでもよか!になるでしょう。反対に私の立場からしたら⇒重そうで大変そうだったのに、親切で声掛けたのに、なんでいきなり怒るのか?になります。で、10分後に行きついた結論は⇒色々言われるのが嫌なばあちゃんやったんやろう。虫の居所も悪かったんだろう。あげんばあちゃんもいるけん。寂しいばあちゃんかもしれん。で終わりました。それにしても寄ってくる子供の心のきれいな事!じいちゃんばあちゃんといっしょでお互いに大事に、大切な、かけがえのないというのが、よくわかります。お互いに繋がっていているのがわかるし、先祖供養というのが死んでしまったご先祖様ばかりでなく、生きている先祖の供養という形で出ています。子供の目がきらきらしているし何より≪生き生きしています≫小さな事で色々と気付きさせられた日でした。今夜は冷えます。明日は仕事に行けるかな?
e0287115_2175489.jpg
行けるかな?
[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-23 21:14 | Comments(0)

忠犬ハチ公

2012年12月22日(土)19:50
今日は店舗廻りの最後。宗像大社の近くのスーパーでした。午後3時位にスーパーの自動ドアに≪ちょこん≫とシーズ犬が座っていました。ヒモもなく、ワンチャンが一人で来て待っている様子。撫でている子供達に聞いてみると、この辺りでは有名なワンちゃんでした。いつも買い物をしているご主人様を待っているそうです。触られてもじっとして、目はずっとスーパーの中。≪わたちの御主人ちゃま≫と言っている様で健気でした。(けなげでした)人間の子供でも、ここまで一生懸命待つかな。人間よりとてもけなげ。切なくて、わんちゃんからの思いは凄いです。
e0287115_19583596.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-22 20:00 | Comments(0)

寂しいお店

2012年12月21日(金)18:25
小雨のそぼ降る中、仕事でした。が、軒先が殆どない状態で風も吹き⇒早々に撤退でした。南区のお店でしたが、買い上げのお花代金が見え見え。何か寂しいなあ。お昼食べたレストランもおいしかったけど、価格ちょっぴり高め、昼の時間帯にお客は私一人だけ。とほほになりました。ゆっくりとは過ごせましたが。お店がいいだけに残念です。土地のせいもありますが、さびれていて、寂しいなあが実感でした。さて、椿の花での供養は椿がないので、ちいねえさんに相談した所⇒さざんかでもいいよとの事。休みがなく、28日の暮れにしかできませんが、渋滞で混むかと思いますが。しっかりしてきます。
e0287115_18415983.png

[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-21 18:36 | Comments(0)

数字が表わすもの

2012年12月20日(木)21:12
数秘学を勉強していますが、今日はひろこちゃんの知り合いの姪御さんの数秘表を出して説明しに行きました。相談事というよりは、確認の様でした。全く相手の方の情報はありません。生年月日と名前、名前の読み方だけです。これらのデーターだけで相手の状況や対策等をださなければなりません。プレッシャーはありましたが、案ずるよりも産むが易しで意外とよくできました。自分の勘と数秘とでタグを組んだら、言い当てられます。表を作成して気になる数字に印をつけますと、ヒントで色々と出てきます。一番に見えたのは親との関係、母親から愛されていない。一体この子の母親は、?で母親が一番大きな原因。父親の影が見えない。5歳~の数字が19だから何かあったのでは?と尋ねると⇒はっきりは言わないけど、ありましたと答えられます。数字によっての裏付けが出来るのは凄いです。
e0287115_21303675.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2012-12-20 21:33 | Comments(0)