神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今が未来を

2013年2月28日(木)22:26
今日で今回の県の仕事が終わりました。色んな人がいたけど、一生懸命に頑張った人は次の仕事が開けている様です。当然と言えば当然なのですが、きちんと評価されたという事なのでしょうね。
今は過去の結果としたら、今をどれだけ生きたかで将来が未来がわかるという事です。
楽をし過ぎたら必ず次が大変。当たり前が一番の様です。
e0287115_2234785.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-28 22:34 | Comments(0)

新しい旅立ち

2013年2月27日(水)21:59
明日で2月も終わり。今の県の仕事も明日で終わりです。
色々な人を見せられました。でも、その中でいい出会いもありました。
知り合いになった彼女は、バリバリのキャリアウーマン。スキルも凄いです。
数秘学では「5」の人です。で、やはりというか。今まで東京⇒福岡の往復でしたが。
3月から又東京へ。「5」の人のキーワードは、移動、外国、一つの所に留まらない。自由、冒険等々
貯金か経験どちらかならば、経験そして冒険です。
エネルギッシュで、ジャングルを切り開く彼女ですが。意外と繊細なところも
自信が満ち溢れている様で、実は。。。。。の所もあります。
大丈夫。自信を持って、経験してそれが自信になるのだから。
自分を信じる事。大切です。自分を愛する事。大事です。
自分を信じて愛せなかったら、他人を信じられないし、愛せません。
未来は今が作るもの。未来の自分を信じましょう。
e0287115_2211218.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-27 22:12 | Comments(0)

きらきらの瞳

2013年2月26日(火)19:59
日曜のあまおう祭りでは、県内の農産物をどれだけ皆さんが知っているかで、アンケートを取りました。
アンケートに答えた方にお礼で2合分のお米を差し上げました。
大入り満員でした。ホームレスの方も何人か来られました。その中の若いお兄ちゃん(年は30代半ば?)
が二人いました。顔がよく似ていたから双子か兄弟の様でしたが。
彼らの瞳がきらきら輝いていて、とても楽しそうでした。寒い中、暗い表情になってしまうのに。
まるで、お祭りに来た子供の様に≪わーい、わーい≫とはしゃいでいました。
案外とこういった人達が、神様が身をやつして、この世界に来ているのかも。と思いました。
アニメの≪千と千尋の神隠し≫にもそんな川の神様が出て来られました。
何か不思議な感じの人達でした。「目」を見れば全てがわかると言います。きらきらの瞳⇒天使ちゃんです
e0287115_20112291.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-26 20:12 | Comments(0)

春の菜の花

2013年2月25日(月)22:01
今日はひろこちゃんと道の駅宗像まで行きましたが、休みで閉まっていました。
近くで野菜を買い、魚を買い。志賀島へ。
ひろ子ちゃんは昭和20年生まれでドラマの様な人生を送ってきました。生まれて2か月でソウルから逃げて帰ってきたのですが。お父さんが警官。お母さんが船場のとうさん(商家の長女)ピストルがあったので、拳銃で撃ちまくりながら逃げてきたそうです。
日本に帰り着いてしばらく滞在したのが、広島の尾道。お母さんのご先祖様の故郷。海鮮問屋でした。
尾道は、ひろこちゃんの原風景です。きらきらした海。そして小さな島。行き交う船。

今日ドライブした志賀島も同じ風景。
ひろ子ちゃんの良い所は子供のような純真な心とわくわくする心。
音、言霊を大切にします。「言いかたを変えたらいいのよ」「受け止め方をちょっと変えたらいいのよ」
ひろ子ちゃんの口癖は「しあわせ、しあわせ」「あーあ、ありがとうございます」
「何て素敵なの。ありがとうございます」
ひろこちゃんには、特別良い事は起きませんが。悪い事が起きたと思っても結果として良い事になっています。
精霊のこだまちゃんはそんなひろこちゃんが大好きです。
時々ひろこちゃんに会うと不思議な事に私のトイレに行く回数が増えます。
私がひろこちゃんの体を浄化していて、その結果トイレに行き外に出します。私は苦しくないのでいいのです。めでたしめでたし。春の志賀島は、黄色い菜の花が咲いていました。
黄色は小さな幸せ。ほのぼのです。色々あっても、私は幸せ。
栃木で震度5強の地震がありましたが、大きな被害はなさそうで、本当にありがとうございます。
日本の建築技術も凄いですが、やはり守られています。見えないもの、見えるもの全てに感謝です。
e0287115_2225461.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-25 22:28 | Comments(0)

見えない糸

2013年2月24日(日)21:11
物事が起きる時、自分の強い意志からではないのに、なぜか動かされるように「させられる」事が多々あります。そんな時は「後ろの方々」のアッシー君だったりします。
3次元で生きていますので、どうしても3次元の人間を使ってする必要があるそうです。
ある場所に行く。⇒後ろの方々が別の次元で動かれる。というものの様です。
今はその事をさせられていて。「なるほど、そういう事だったのか」と合点がいきます。
時々会話がありますが、「行けばわかる」といったごくごく簡単な答。

八女のワークを始めたのは、3年程前だったと思います。朝「八」という文字が浮かび⇒行けばわかると男の方の声でした。
で、なぜか道の駅たちばなに行きました。八幡様かなと思いましたが、道の駅の近隣の地図から「松尾弁財天様」がわかりました。いざなみ様の流れの神社であり、本当に神様が居られる所でした。
村の方々がお世話されていて、神様が住みやすい所です。

大きな神社であっても神様が居られない所謂「からっぽ」の神社もあります。
山の小さな神社であってもきちんと鎮座され、神々様がおられる神社も多いです。
更に、神々様をお守りする「眷属神」、わかり易くいえば、警備、不敬な事をする者を取り締まる方も多く見受けられる神社もあります。そういったところは、身が引き締まり、「あ、見られている」といった凄い視線を感じます。
修験道の山は「山伏」さんが死んだ後もそのまま山を守っていて、「天狗さん」の様な感じです。
女神様は、柔らかい気を感じ「柑橘系の花の香り」がします。音や香りで祓いをする事がありますが、神社での場合は存在を知らせて下さるものの様です。
見えない糸で操られている様だと感じます。摩訶不思議。
e0287115_21371579.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-24 21:38 | Comments(0)

凍てつく体

2013年2月23日(土)20:33
あまおう祭りで一日中、寒い寒い博多駅広場で仕事でした。立ちっぱなしで仕事は一日中チラシ配り。
足は凍ってしまいそう、口はかなわず、元気も出ません。
昨日一日中チラシ配りして、又今日も。明日もさせるんだったら、ぶんなぐってやる。⇒ほとんどジャイアン状態。全く気がついていない。とNさんとぷんぷん怒っていました。
血流が悪くなると、体が冷え切ってしまうと、
e0287115_20471331.jpg
体の中の臓器の働きが悪くなり色々な症状が出てきます。体とは本当に精密です。心も冷え切った状態になると、理解や様々な事が判断できなくなります。体は冷え切っても帰って炬燵で温めたり、ゆっくりお風呂に入れば次第に回復します。
でも冷え切った心の回復は、時間とケアする人、サポートする人が必要になります。
沢山の温かい心が必要です。
[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-23 20:48 | Comments(0)

人相

2013年2月22日(金)21:27
明日から博多駅広場で行われる「あまおう祭り」の宣伝で今日は寒い中、一日中チラシ配り。
(一体誰が考えたんだと皆さんぷんぷん。)
道行く人々が残念ながら、皆さん表情が険しいし良い人相していません。
寒いのはわかります。忙しいのもわかります。
けれど、もう内面が全部表に出てしまっている時代になりました。オーラの色も輝きもあまりありません。
どす黒い煙を吐いてばかりじゃ、良い気は入ってきません。類は友を呼ぶです。
e0287115_21355718.jpg
清々しい気の中でリフレッシュして下さい。山や海、神社良いですよ。でも願い事しないで感謝の気を沢山出して下さいね。
[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-22 21:36 | Comments(0)

綿菓子の代り

2013年2月21日16:43
朝から≪つゆ姫様≫のお姉さまに会いに①綿津見神社②楯崎神社③宗像大社と参拝等してきました。
①の綿津見神社は、ナビで住所を入力したらスムーズに着きました。以前仕事で訪れた事がある所から数軒先でした。驚いたのは本殿の手前に八大龍王様の石板があった事。そして神社の裏手はすぐ海。冬の海は荒々しいけど、きれいで。こんな所だったんだで感動しました。御神酒を上げさせて頂きました。
右のこま犬ちゃんは玉をくわえ、左のこま犬ちゃんは玉を押さえています。玉を押さえている(踏んずけているのは)初めて見るこま犬ちゃんの光景。

次の②楯崎神社(たてさきじんじゃ)住所が入力してもならないので、1回迷いましたがすぐに着きました。誰も居ない所でおまけに一応、女一人、気を引き締めて行きました。
(何故か「火曜サスペンス劇場」の世界)海、断崖絶壁、山の中。キーワード揃い過ぎ)
本殿で参拝して、御神酒を上げさせて頂きました。奥の院へ≪薬師神社≫とごっちゃになっていますが、姫様がおられる所へと。岩屋、洞窟みたいになっていました。細い山道を少し歩くと、着きましたあ。お参りを済ませ、鈴を鳴らし、しっかりと挨拶いたしました。本当は長く居たかったのですが、山の中で一人。変なおっさんに会ったら嫌ですから。
(武道をしていた私ですら、本当に気を引き締めないと。変な人が多いですから)
挨拶をして帰りました。
③の宗像大社では、とてもなついた、白黒のパンダねこちゃんがお出迎え。綿菓子探したけど、どこにもなかったので、道の駅むなかたの「あまおうソフト」でこだまちゃんに了解してもらいました。売ってあったら、買うけどないもん。しょうがないでしょ。堪忍してね。
グリーンジャンボ宝くじも買いましたよ。
早くねこちゃんと住めるおうちにお引越ししたいね。つゆ姫様今は、泣き止んだかな。
e0287115_17204013.jpg

e0287115_17281133.jpg
[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-21 17:21 | Comments(0)

卑弥呼様

2013年2月20日(水)21:40
卑弥呼様の墓の可能性という事で考古学者の方々が今日調査された様ですが。卑弥呼様に代表される、女性のシャーマンは古代に多くいらしたと思います。常に自然や神様と一体になり、感性も鋭く現代人とは比較にならない程凄かったと思います。いつもよく行く≪八女≫も八人の女で姫神様が居られたと思います。封印され、滅ぼされたのでしょうか。九州は古代より勢力があり、それだけの≪超人≫も多くおられたのだと思います。宇宙からもあったでしょうし、アニメの世界の様な出来事が沢山あったと思われます。今、この時期にこのニュースというのは、何かのメッセージの様な気がします。ざわざわするのは、なぜでしょうか。

         いにしえの 日の光との まつりごと 生きとし生ける 命はぐくみ
e0287115_2155856.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-20 21:56 | Comments(0)

わたあめ

2013年2月19日(火)21:33
今日は浄化やお礼も兼ねてちい姉さんのところへ。ヘナ染めです。いつもの様に色々と話し終わり、ヘナを流してシャンプー。ある意味≪お楽しみの時間≫です。いつも≪こだまちゃんからのメッセージ≫があるから。
≪つゆ姫様が泣いている。御姉様の所に帰りたいと≫こだまちゃんは、「わたがし」???でしたがよくよく聞いてみると≪わだつみ≫磐座(いわくら)がある所だそうです。海だから、八女じゃないし、でお聞きしたら、どうも宗像方面。又持って行くように言われていたのか、持参したプリントの中にありました。
福岡市東区の綿津見神社(わたつみ)と福津市の楯崎神社。
あさって休みなので、行く事に。お土産に「わたあめ」あるといいな。≪こだまちゃん≫はわたあめもらえると喜んでます。あればすぐ買うからね。‘ワーイワーイ’と喜ぶ姿が目に浮かびます。
e0287115_21511744.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2013-02-19 21:53 | Comments(0)