神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

緑の龍神様

2016年1月31日(日)12:59

一月も今日で終わり。2月、3月は要注意月です。

天災ばかりでなく、事件や事故。テロに見せかけた破壊活動等注意、警戒する事は多くあります。

危機管理で食糧の備蓄や水の確保等。備えましょう。

さて、伝言で受けたのが『緑の龍神様の怒り』

あまりの怒りのすさまじさに、眷属神のこだまちゃんもびびりまくっています。

祭神をすりかえられたニュアンスですが、今伝言待ちの状態です。

緑の龍神様といえば、山の神様のイメージです。

国津系の神様と天津系の神様の行き違いか、何かのしこりがある様です。

神様ばかりでなく、結構そういった事がまだある様子。

そして、今は国難の時期。

のほほんと平和に過ごせる時期ではなくなった様です。

嫌という程、現実、世界の現実の厳しさをこれでもか、これでもかと見せつけられます。

覚悟と準備を。

e0287115_1311275.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-31 13:12 | Comments(0)

にゃんにゃんぱっ

2016年1月29日(金)20:10

『にゃん、にゃんぱっ』不思議な意味不明の言葉ですが。

何故か浮かんできて、気になりました。

2月2日の8時なのか。2時28分なのか。

解読は、今解いている最中です。

ただ、今の状態はいつどこで地震が起きてもおかしくない状態ですし、

いつテロの振りをして事件、破壊活動してもおかしくない、非常に危ない状態なのです。

表は、平穏無事です。

しかし、その陰では24時間体制で、警察、消防、自衛隊等多くの人々の働きがあるから。

雨の日も雪の日も暑い夏の日も

韓国領事館、中国領事館の前では警察の方々が2名体制でずーっと立って警備されてます。

警備しなけりゃ、しないで何か起きたら全て日本のせいになります。

日本は嫌がらせされても、じーっと我慢なのかしら。

言うべき事を言い、世界中に伝える努力をしなければ。

本当に100の嘘が1つの事実にされてしまいます。

さて、『にやんにゃん、ぱっ』は、何でしょね。

甘い方は、罠にはまってしまいました。この時期に、このタイミング

もう、ばればれです。黒幕は意外な人かも。

野党も馬鹿なのが多いけど、取るに足らん小物ばかり。

1発のミサイルで目が覚めるかな?

e0287115_20323351.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-29 20:33 | Comments(0)

お水様

2016年1月27日(水)22:06

最強の寒波後、断水になった地域が多くあります。

日が経つにつれて、解消はしていますが。

水が使えない方々、本当に大変な日々を過ごしておられると思います。

特に小さいお子さんがいたり、水を多く必要とする透析患者の方々にとっては大変なものだと

お察しいたします。

ただの『水』でなく、まさに『お水様』

人は失ったり、不足するとその存在の有り難味がよくわかります。

水は生き物にとって不可欠なもの。

大事に大事にして感謝したいものです。水の奪い合いで人の命が失われた歴史もあったのです。

さて、S細胞の件でいつぞや色々な騒ぎが起きましたが、

以前ある方から聞いた話では『あれは、偶然に出来た細胞だったそうです』

しかし、同じものを又作れとなると、難しい。

あったのは、あったのだが偶然出来たものゆえ、次が出来ないとの事でした。

色々と大変です。

e0287115_22183925.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-27 22:18 | Comments(0)

雪に閉ざされました

2016年1月24日(日)13:08

ここ北部九州は、最強の寒気で『雪に閉ざされてしまいました』

道路には、車も人の姿もなくおまけに凄い暴風。

閉ざされた北国の光景です。

今日は日曜で休みの人も多いのですが、問題は明日の月曜!

もう、バスか地下鉄で行くしかありません。

一番気がかりなのは、会社に住み着いているお猫様方々。

行きたくとも行けない歯がゆさ、助けに行きたくとも行けない歯がゆさに

ホント、焦ります。テレビは、チャンネルつけたら猫の映像ばかり。

『あー許しておくんなさいまし』とお猫様へおわびをしました。

明日は始発のバスに乗って会社へ向かいます。

待ってておくんなさいまし。お猫様

e0287115_13164939.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-24 13:17 | Comments(0)

子育て

2016年1月21日(木)19:10

小さい頃から、不思議な人が周りにいました。

大人になって会った不思議な人から言われた事は

『自分の子供の子育てが終わったら、男の子を育てる』という事でした。

旦那が他に作った子供では、ない。再婚してその相手の子供を育てるのでもない。

と、言われさてどうなる事やらと思っていましたが。

今の状態が、その男の子の子育ての最中かもしれません。

職場の隣の席の男性です。一応独身。

年は、34歳。外見はむさくるしいです。

男の子というより、すでに【おっさんです】

いつも思うのが『こいつ、子供やなー』と、そして妄想の中で何度なぐった事か。

しかし、不思議と憎めない。不器用すぎる。心が意外ときれい。素直な所がある。

【くらわす】という方言がありますが。あまりに本人がゆったりモードすぎる為、時々私から

叱咤激励を受けます。

これも、子育てと同じかなと痛感します。

ふと、浮かんできた映像は、戦国時代です。

私は鎧兜に身を包み刀や槍を持っています。

そして、部下の足軽を叱咤激励しています。『このうつけ者』『やらなければ、やられるのだぞ』

『戦に負ければ女、子供は売り飛ばされ酷い目にあうのじゃ』負けられぬのじゃと

まあ勇ましい事。武将の娘で、姫君様だけど。先陣切って戦っています。

その姫君は、私の前世で。その足軽は、隣の席の男の子(おっさん)でした。

あー又叱咤激励しなければ。

e0287115_19305934.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-21 19:33 | Comments(0)

遥拝所

2016年1月18日(月)20:31

東日本は凄い寒波で雪も積もりました。交通機関も乱れてしまい、大変な一日でした。

通勤や通学で大変だった方、ゆっくり休まれて下さい。

さて、何年前でしょうか。

よく不思議な夢を見ていますが、それは海が見える神社でした。

高い所から海を見下ろしていました。真ん中に神殿。

そして、向かって左には【遥拝所】がありました。

そこからは、そう遠くない所に島が見えました。

その遥拝所から、見える島を拝むのです。夢の中では、『あの島には、行きたくとも行けない島』

そう言われました。

海のきれいな青とは対照的に、行けない悲しさ、寂しさがつのりました。


そして、ふと思いました。あの数年前に夢で見たのは、宗像の大島で

向こうに見えたのは、『沖ノ島』ではなかったのかと。

行きたくとも行けぬ島。たごり姫様がおられる沖ノ島です。

海が荒れている今日、何故か哀しい顔の日女神様(姫神様としたかったのですが、何となく

日女神様もありかな。

そういったお顔が浮かびました。

e0287115_2047229.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-18 20:48 | Comments(0)

一体日本人は。。。。。

2016年1月16日(土)6:18

風邪気味で早く寝た日が多かった為、更新出来なかった日々が続きました。

さて、以前から思っていた事なのですが、『なぜ、日本人はこうなってしまったのだろう』

税金で堂々と反日教育をして、子供達を洗脳している教師もいる現実。

あまりにも世界情勢の厳しさとかけ離れた、この現状に

『あまりにも、のほほんとした危機管理の無さに』唖然とします。

怒りを越して、唖然、憂国です。。。

『一発のミサイルで目が覚める』と,あるブログでありましたが。


そこまでされないと、わからない状態の様です。

数日前の国会で、民主党の緒方議員が首相に【拉致問題でのし上がった安倍首相】と発言しました。

発言自体に嫌悪感と違和感を覚え、又この緒方議員が外務省出身の元官僚だったのも、引っ掛かりました。

そこで、『西村眞悟の時事通信⇒平成28年1月14日(木)の記事』【拉致問題の闇】のブログを読めば

【からくりや恐ろしさがわかります】

国民を守るべき官僚がこのありさま。

ましてやこの日本に居て、屈強な男達に誘拐、拉致された人達を、その犯罪国に返せ等という

被害者や家族を愚弄した発言の数々。

言っては、何ですが間違いなく『反射を受けます。自分のした事、為した事がそのまま返ってきます』

同じ目に合ってしまうのです。

日本人が日本人を貶める(おとしめる)

日本人の振りをした人間が日本人を殺す。

そして、日本人が日本人を滅ぼしてしまう様に手引きしてしまう。

そんな時代になってしまいました。

e0287115_6415014.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-16 06:44 | Comments(0)

生まれ変わり

2016年1月11日(月)成人の日 18:25

何年か前に医師会の臨職をした事がありました。

その時に、資料整理をしていた時に開業医の先生達が書かれた随筆がありました。

昭和30年代位の随筆だったかと記憶しています。

その内容は、

ある開業医の先生のお子様が、3歳位で亡くなられました。

両親の嘆きは大きかったのですが、通夜、葬式としなければなりません。

葬式終了後に棺桶に釘を打つ前に何を思ったか。。。。。

その亡くなった子供のお母さんが、墨で子供の右ひじに丸を少し大きめに●の印をつけたそうです。

そして、『又、うちに生まれてくるんだよ』と、泣きながらも、言い聞かせる様に告げたそうです。

子供に何を。。と思ったそうですが、喧嘩をしてもと思い、そのまま棺桶に釘を打ち

火葬場に向ったそうです。

時は経ち、3,4年の年が経ち、そのお医者さんの奥さんに赤ちゃんが生まれました。

亡くなった子供と同じ男の子でした。

そして、右ひじをみたら。。。。少し大きめのほくろがありました。●の印

亡くなった子供に付けた、同じ位置、同じ大きさでした。

随筆でそのお医者様は、こう述べられておられました。

『私は、医者として科学的なものしか信じない様にしているが、目の前に突き付けられた事実を見て

息をのんだ。信じざるを得なかった。生まれ変わりを。母の思いを。』

事実は小説より奇なり。です。

e0287115_1844449.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-11 18:47 | Comments(0)

魔も当てものが当たる

2016年1月10日(日)14:20

『魔は、当てものも当たる』とは、以前10年程前に聞いた言葉です。

幽界や霊界の低い霊や魔物は、言い当てる事は多いのです。

しかし、それと引き換えに運気が落ちたりずっと依存して何度でも通わせる事をします。

『金づる』にさせるのです。

病気や何かになれば、藁をもつかむという状態になるのはわかるのですが。

まずは、現実問題として落ち着いて対処した方が良いと思います。

後から色々と因縁がつきます。

あるブログで知ったのですが、あのヒトラーには『背後についていた魔王がいたそうです』

ドラえもんのかなり前の映画で『牛魔王』が出ているアニメがありました。

西遊記のドラえもん版です。

その牛魔王そっくりの魔王がヒトラーについていた魔王です。

その魔王は将来のヨーロッパについて酷い状態になる。と告げていたそうです。

今の状態、そして難民政策を見直さなければならなくなった状態

(ある程度予測は出来たはずです)

危機管理を考えたら。。。。。国の事を考えたら、わかっていたはず。

e0287115_1438345.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-10 14:39 | Comments(0)

不安の中でも

2016年1月6日(水)20:20

お昼頃にラジオのニュースで北朝鮮の水爆実験のニュースを知りました。

2010年頃に師匠から、『これからは、不安を抱える人が多くなるから』を思い出しました。

明日は何が起きるかわからない。だから『くどい程、伝えておく。準備をしなさい』

『しばしの間、大変起こる。しばしの辛抱』と言われた事を思い出します。

~じゃ、とか語尾が特徴ありました。

おじいさんの様なご先祖様の様な、でもどこか懐かしい響きでした。

いずれにしても、中東といい、このアジアといい、欧州といい

世界中が爆弾を抱えている状態です。

こんな状況の中でも、地に足をついて淡々と生きよう。

さて、アマゾンで購入した、CDが届きました。

『花になれ』という曲です。指田郁也さんの曲。

とてもいい曲で、朝聞きながら通勤しています。何があっても頑張ろう。

生き抜いてみせるぞ。と決意させる曲です。

インターネットで検索してみたら、曲が聴けます。

聴いてみて下さいね。

e0287115_2034626.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2016-01-06 20:35 | Comments(0)