神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

覚悟と信念

2008年9月24日(月、振替休日)11:20
最近の政治家を観ていると、(見える部分と、観える部分)あまりにも【覚悟と信念】

が、無さすぎます。

自民党の総裁選しかり。ましてや、野党等売国奴、この住んでいる国等どうなってもいいという

無責任の輩ばかり。大阪の維新は、又別です。真剣にこの国を良くしようとしています。

大阪のはしもとさんは、国難において又国のまつりごと(政治)に出るでしょう。

幕末の維新の志士達は、何とか異国からこの国を守ろうと必死でした。

下手したら、中国の様に植民地になる危険性は大きかったのですから。

今も幕末と同じで日本の大事な財産(国の予算)や国民の財産、土地等

虎視眈眈と近隣諸国から狙われています。

朝鮮半島が統一になれば、韓国の国民は自由が無くなり

その一方核を手にしたら、核で日本を脅せる訳です。

大戦中での賠償被害という名目で、慰安婦、軍艦島、炭鉱での強制連行、労働と

ありとあらゆる因縁を吹っかけて、金を寄こせと脅します。

沖縄にしても、元々中国の領土であったとしていきなり軍事力で占領してきます。

想定出来る最低最悪の事を想定してその対策案、具体的な準備をしなければならない

大事な時期にきています。

しかし、南の島は相変わらず、工作員の行ってきている事で酷い状態です。

日本海の竹島は、沈むかもしれません。

災いの元になっている島ならば、南の島もどうなるか。。。。

戦場になるよ、と聞いてはいます。

そして、空は黄泉の国の様です。

昨日まで、地震雲も出ていました。

今日や今週、10月の前半地震に注意です。

そして。国際状況もいつどん!となるかわかりません。

台湾は火薬庫。沖縄も。

又、ミサイルが飛んでくる可能性はあります。

お風呂の水は溜めておきましょう。水や食料も3日分と言わず、1週間分は、備えを。
e0287115_11410926.jpg


[PR]
by sakurakodama3 | 2018-09-24 11:41 | Comments(0)

盛り塩

2018年9月17日(月、敬老の日)18:15

最近【盛り塩】で少し?になりました。

粗塩は、浄め、浄化するものですが、玄関や部屋に盛り塩をすれば

マイナス⇒未浄化霊が逆に出れなくなる、と聞いたからです。

結界を張るというのは、いいのですが逆に悪いのが出るに出られなくなると

そうすると、しょっちゅう新しいのと交換しても何もならないのか。

と、言う事で思い切って撤去しました。

とりあえず、玄関の表に塩を撒きお浄め。

お祓いの時は、日本酒で浄めて粗塩を撒き結界を張り固定化しますが

盛り塩の場合はどうなんだろう。

色々調べて又ご報告します。

e0287115_18235885.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2018-09-17 18:24 | Comments(0)

備え


2018年9月9日(日)18:14

9月に入り、台風、地震とこれでもかと災害が続きます。

国民は疲弊して、不安や畏れが満ちています。

地球自身が生き物であり、浄化に向かっている時期でもあり人類が引き起こした

しっぺ返しもあります。

いずれにしても、今後来年の2019年からも更に酷くなると警告を受けています。

まだまだ、序の口だと。

私達自身で出来る限りの事は行い、備えをして覚悟を決めるしかありません。

以前、紹介した、ヘッドライトや手動式の携帯電話の充電器がお勧めです。

両手が使える⇒障害物や逃げ出すのに便利です。
e0287115_18331131.jpg

加えて、神々様が憂慮されているのは【国防です】

国の防衛です。このままだと、南の島が急にいきなり攻めてきて占領されてしまい

南の大きい島は戦場になります。

九州も恐怖に震えます。

次は自分達がやられてしまう。。。。。

危機管理を考えた事もない、平和ぼけの大きなつけになります。

子供達の命を奪うのは、~反対、~反対、平和、平和ばかりを叫び

左の中国、朝鮮半島の手下どもとマスコミ、平和ぼけした老人と大人です。

子供の方が、冷静で現実的です。

e0287115_18345351.jpg


[PR]
by sakurakodama3 | 2018-09-09 18:36 | Comments(0)

人間の表と裏

2018年9月2日(日)19:26

昨日は、大雨の中田舎の母方の墓参りに行ってきました。

大雨だった為、線香やろうそくは使用できませんでしたが、花をきれいな

トルコキキョウをあげて周りの掃除をしてきました。

今年のお盆に行けなかったので、遅ればせながらでした。

今年のお盆は、やはり時節がらどうしても先の戦争に繋がる事がありました。

小倉の納骨堂の近くで拾ってきてしまった、戦争で亡くなった人、『防空壕で亡くなった方の様でした』

小倉へ行った翌日に熊本の墓へ行き、線香の煙の燻製状態になり体が浄化出来ました。

線香の香りや煙は不思議ですが、本当に体を浄化してくれて体自体が軽くなるのを感じます。

そうしてほどなくお盆休みは過ぎていきました。

お盆の時期に、故人の話や親戚の話になった時、数年前に亡くなった親戚のおじいさんの話になりました。

表の顔は長生きしている好々爺のおじいさん、でも裏の過去の顔は⇒戦後間もない頃は未亡人がごろごろ

女があぶれて男が少ない時代でした。男一人に女トラック1台分と言われた程、

未亡人の家に入りびたりでした、そして更に獣の様に、、、、、

孤児となって引き取られた子供の目の前でとんでもない場面を見せつけていたのです。

まだ小学低学年の女の子の前で、、、、、、凄いトラウマです。男はきたない、その女の子の心は

ずたずたになりました。

家に居られず、縁の下で泣いて過しました。

そうして月日は過ぎましたが、その好々爺のおじいさんの家は息子は結婚したけれど相手はフィリッピン人

フィリピンの女性で子供を産むとすぐに本国に帰り、お金だけを生活費だけ要求してきます。

【金づる状態にされて、お金の送金ばかり、相手の女性一族と新しい彼氏への生活費へと】

因果な話です。色情因縁は強い家系です。

あな、おそろしや。

e0287115_19473124.jpg


[PR]
by sakurakodama3 | 2018-09-02 19:49 | Comments(0)