神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ちょっと忙しかったです

2018年10月28日(日)22:13

昨日の土曜は、熊本の幣立神社まで行きました。

御使いで東御手洗神社(八大龍王様)の場を浄めるため、お塩をあげその後

隣の池の周りにまく為。大量に撒きはしません。3という数字がキーワード

幣立神社は地元の方より、福岡や東京から来ましたという方が多く

その日も女性のグループで東京からの団体さんが来られてました。

精神世界、いわゆるスピ系の方も多い様でした。

無事お使いを終えてほっとしました。

e0287115_22204997.jpg
そして、今日の日曜は福岡の八女の八女津媛神社へ

幣立神社で汲んだお水を磐座に掛けて『お水つなぎ』です。

同じ龍神様の系統なので、つなげます。

ご挨拶をして、『~させて頂きます』を必ず行います。

日常生活でもきちんと挨拶、伝えてからでないと失礼になります。

いきなりでは、礼をきちんとしなければ  怒りを買います。

しかし、山奥の神社とはいえ、パワースポットだの縁結びだの勝手に観光地にされて

無礼な人が多く来られます。

その為に場を浄める事が必要です。

いきなりタバコを吸い、ゴミを捨てようとするじっちゃん。

女一人でいたら、危ないです。相手は年寄りでも油断できません。

トイレも酷い汚れでした。持参した道具や水で掃除しましたが、

暫くは様子見で掃除しなければ

冬に雪で閉ざされる前に。

祭事の場である聖地をこんなに汚し、情けないです。

パワースポットや恋愛成就や縁結びの場ではないのです。

古代に必死で祭事を行っていた場であり、清らかな神との交信地です。
e0287115_22324874.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2018-10-28 22:33 | Comments(0)

福の神がつく人

2018年10月21日(日)11:44

昨日の八女津媛神社の近くにある、杣(そま)のさと という物産館と食事処の

続編です。

2016年の3月に現在の真新しい建物になりオープンしました。

なによりトイレがきれい(ウォシュレットです)一人で入ってもゆっくりと食事出来ます。
(相席にならない様に一人用の席があります)

新しい建物になる前は、木造の昔の小学校みたいな建物で年季が入っていました。

数年前にふらりと入って、お蕎麦のセットを食べたのですが凄くおいしくて

御煮しめや昆布の佃煮が手作りの田舎のおばあちゃんの味でそれは感動しました。

そして、何回か行くとあるおばちゃんがいました。

初めて見る、どこにでもいるおばちゃんですが(失礼)

ぱっと出たのは、『福の神がついている』でした。

ちょこんと肩の上に乗っかっている感じです。『おたふくさんみたいかな』

状況は、多くの弁当の注文を受けてました。

山奥のうどんやそばや定食を出すお店ですが、味が良いのと温かみのある雰囲気で

評判が評判を呼び大量の注文になった様です。

その福の神を乗せたおばちゃんですが、それなりに苦労がある様ですが

何とか笑顔で乗り切っていました。

何となく違うもの、雰囲気はありました。

先祖様の守りと供養をきちんとされている、そんな感じでした。

月日は流れ、今は立派な建物で働いておられます。

年齢に関係なく働けて、現金収入もあるし何よりも生きがいが出来ます。

今から紅葉の季節、そまのさと へ食事へ行ってみて下さい。

福の神をちょこんと乗せたおばちゃんが働いています。

気さくに話しかけてくれますから。

福の神様は明るくて元気で愚痴を言わない人が大好きです。笑顔が福を呼び込みます。

e0287115_12082485.jpg

[PR]
by sakurakodama3 | 2018-10-21 12:08 | Comments(0)

八女津媛神社

2018年10月20日(土))19:58

福岡県と大分県の県境の山奥に『八女津媛神社』という(いわや)がある神社があります。

龍神様の御使いで今日参拝しました。

八女という地名の由来になった『八女津媛』ですが

元々は女性の首長が居た地で、巫女が治めていたとの事です。

平和に暮らしていたこの地を侵略者が襲ってきました。

男性の軍団です。渡来の可能性もあります。
(朝鮮半島からの攻撃)

鯛生金山(たいおきんざん)が大分県にありますが、地理的に近いので鉱山が(銀や水銀等)何かしらあったと

思います。

武力に対しては、防備の術を持たなかった巫女達はなすすべもなく、滅ぼされ征服されました。

【卑弥呼、ひみこ】は、役職の名であり 日見子、太陽を見る

又は、巫女、みこにスーパーが付く特別なとか、別格の意味があるもの

いずれにしても、八女津媛は八人の巫女でありそれぞれの土地の首長であった、

起きる事を予言したり病気を治したり自然の動きを読んだり(嵐、台風が来る等)

見えない世界との交信で作物の栽培を教えてもらったりと色々と行っていました。

そういった祭事を行っていたのが、磐座(いわくら)がある八女津媛神社の場所でした。

今日の目的は龍神様の手伝いで場を整える事。

無事に終える事が出来ほっとしました。

e0287115_20203499.jpg
次週は熊本の龍神様のお手伝いです。

終えたあと、近くの観光物産交流施設【杣(そま)のさと】でおいしい だご汁定食 を頂きました。

田舎のおばあちゃんの料理でおいしかったです。

2016年3月26日にオープンした、木の香りがするきれいな施設です。

お勧めのお店です。
e0287115_20222928.jpg


[PR]
by sakurakodama3 | 2018-10-20 20:25 | Comments(0)

西山断層帯

2018年10月14日(日)18:57
今日、お師匠様に会って(多くの情報が入ってきて、キーワードが沢山。まだ整理出来ない状況)

気になる情報がありました。

福岡県の西山断層についてです。警固断層についてはよく話題になり注視していますが

他の断層についてはあまり注視されていません。

西山断層を検索すると⇒

西山(にしやま)断層帯は、福岡県宗像市沖ノ島(むなかたしおきのしま)付近から朝倉市にかけて分布する活断層帯です。
 西山断層帯は、福岡県宗像市沖ノ島の南方の玄界灘から、福津市津屋崎(つやざき)を経て

朝倉郡東峰村(あさくらぐんとうほうむら)及び朝倉市に至る断層帯です。

全体として長さは約110kmで、北西-南東方向に延びる左横ずれ主体の断層です。

西山断層帯は、その形態などから、沖ノ島の南方の玄界灘から宗像市大島の北岸付近に至る

長さ約38kmの大島沖区間、宗像市大島の北岸付近から福津市津屋崎を経て飯塚市西部に至る

長さ約43kmの西山区間と、嘉穂郡桂川町(かほぐんけいせんまち)から

朝倉郡東峰村及び朝倉市に至る長さ約29kmの嘉麻峠区間に区分されます。
e0287115_19054419.gif
どうも、気になります。地震が起きれば、震度8位の大地震を想定しなければならず、

津波も40mは、覚悟しなければならないのです。

想定する事で、注視する事で少しでも大難が小難になります様に。

宗像の三姫神様が居られる地。

以前夢で見た、大津波。。。夢の中では高いタワーへ避難しましたが

あの時『何とか生き延びて又会おうね』と義理の妹と約束したのを覚えています。(夢の中ではっきりと)

内陸部でも、こんな所迄津波が来るというのは肝に銘じておいた方が良いです。

日本の災害ばかりでなく、世界で起こる災害はもっと酷いです。

逃げる間もなく、あっという間に海の底へ半島が沈みます。

この地球自体がどうなるか、わからなくなりました。

先が見えない。の一言です。




[PR]
by sakurakodama3 | 2018-10-14 19:17 | Comments(0)

神界からの巫女様

2018年10月7日(日)(13:49)

昨日の台風は過ぎて行き、(しかし犠牲者は出てしまいました。)台風一過の穏やかな日曜と

なりました。

休みの朝は、ゆったりとしています。そんなまったりとした時間の中、

朝のテレビで、NHKの『小さな旅』という番組を観ました。

音楽はアニメ【ルパン3世】でおなじみの大野雄二さん。

そして今朝は新潟県の一宮神社【彌彦神社、弥彦神社、やひこ神社】が紹介されていました。

参道の杉並に、眷族神さん達がおられて光の矢がありました。

神社の後ろの山もご神体です。

この神社を見て感じたのは、由緒と歴史でした。

そして何より感銘を受けたのは、神楽を舞う女の子

凛としたたたずまいと雰囲気は、神界からの巫女様

普通の女の子では、ありませんでした。

新潟の彌彦神社の御祭神は『天香山命、あめのかごやまのみこと』

天照大神、あまてらすおおみかみ様のひ孫になります。

依り代となる、頭の上に飾りをつけて舞を舞う女の子は

神様の子であり、これからは依り代となって人間界と神界をつなぐでしょう。

しかし、普通の女性として結婚や子供を産む事は出来るけどイバラの道になるかな。

なにより、ご先祖様が神職であり神様からご指名を受けてしまった選ばれた子であれば

受け入れて神様と共に進まれると思いました。

眼差しが違いました。
e0287115_14093195.jpg




[PR]
by sakurakodama3 | 2018-10-07 14:11 | Comments(0)

南の島の行く末

2018年10月1日(月)20:22

昨夜はとても悲しくて、ブログの更新をする気になれませんでした。

一歩、一歩、聞いていた事が現実となっているからです。

これからは、南の島はとても緊張の中、悲惨な現実になります。

現実を見ようとしない、考えもしない愚衆、侵略国家の手下達、、、

明るい未来はこれからありません。

台湾が攻撃され、尖閣諸島が上陸され、占領され、今度は島本土への攻撃がくる

そんな状況になるのは、明白なのに

当選者が抱いていた孫が泣き叫び、逃げ続けなければならないというのに

何とまあ、頭の中は平和ボケ×洗脳

当選者は、操り人形。後ろに居るのは、悪の親玉そしてその後ろは中国共産党

数年前に、ぞろぞろと議員を引き連れて親玉に挨拶をしに行ってました。

多くの税金を使い、東日本大震災の義援金が多く流れて行き

使途不明金は多額

そんな売国奴が率いる、南の島です。

アメリカは呆れて、南の島を見捨てます。

そして、1年位経ってようやく助けに来ます。

それまでは、南の島の住民だけでなく日本の大事な命が多く亡くなります。

誰がこんな南の島にしてしまったのか。

時間をかけて、近隣諸国がじわじわと侵食しました。

それに騙された、南の島の住人も罪です。

何より、赤や弱い者の味方に付くなど、振りをしているだけの輩も大罪です。
e0287115_20415442.jpg



[PR]
by sakurakodama3 | 2018-10-01 20:42 | Comments(0)