人気ブログランキング |

神社とスピリチュアル


by さくら姫
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2019年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2019年3月31日(日)13:37

桜は日本の国の象徴です。又、日本の心として『さくら』が使われます。

日頃の仕事の疲れ(心身共に、特に精神的疲れ)を癒す為

桜のお花見とゆっくりとお風呂につかりに、昨日に一路、八女の奥へと行きました。

杣の里の桜は満開。そして美味しいレストラン(食堂)のおばちゃん達も元気で店は繁盛していました。

e0287115_13434564.jpg
川を眺めて思った事は、金運は水

きれいな水の川があって恵みもある。だからこそ、川の水神様や龍神様に感謝し

1日、15日には川に御神酒(日本酒)をあげる事が大事だなと。

矢部川の下流におられた龍神様がここに移られたのかと思いました。

落ち着く場所、居心地の良い場所の感じがしました。

勿論、そこに住む人々の意識、精霊さん(山の神、水神様)を大事にするというのも大きな

要因です。

帰り際には、店のおばちゃん達に水神様、龍神様への感謝を伝える為

毎月1日、15日に御神酒を川へ流して下さいとお願いしました。

福の神様は、おばちゃん達についています。

その後、お風呂に入ったグリーンピア八女の桜は見事なもので満開

桜のトンネル

幸福感に包まれました。

さて、平成もあと1月で終わります。

5月からは新元号

元号はシンプルで簡素な漢字になります。

そして、天皇は『退位』されるのでなく『譲位』されるのです。

この事をきちんとしているのは、新聞では産経新聞

国津系の神様に縁がある私ですが、今は天津系の神様に対しての憎しみはありません。

過去で滅ぼされたのは事実ですが、今はこの国の危機、国難の時期です。

人を疑う事のなかった国津系の神様ばかりであったならば

とっくに他の国から侵略されて国が酷い状態になっていたかもしれません。

そう考えると選挙は大事な国難を大難から小難にする大事なもの

売国奴、他の国からの情報操作、マスコミからの情報操作

全てが暴露される事を願います。




by sakurakodama3 | 2019-03-31 14:06 | Comments(0)

不老水

2019年3月23日(土)19:53

3月21日の春分の日に、香椎宮の不老水を使ってお使いを行いました。

伝えられた事を行ったのです。

始めは2月の節分の朝、福岡市の香椎宮の不老水を汲みました。

神功皇后様の力を借りて、この国を守る為の神事を行う為でした。

切羽詰まっている。この国が危うい。水面下では大変な事になっている。

そういった危機感からでした。

まず、行ったのは龍神様の石板の周りに不老水を撒き、最後に塩盛りをして固定化する事。

綿津見神社の龍神様の石板です。福岡市東区の住宅街の中にある神社です。

以前は龍神様の集合場所にもなりました。

多くの龍神様が集まり、志賀海神社へと向かわれました。

志賀海神社は龍神様にとっては特別な場所なのです。

数年前、夢の中では多くの龍神様が舞われていました。

志賀海神社は龍神様にとっては聖地なのです。

さて、綿津見神社の次は志賀海神社へ向かい、午後3時に(時間指定)神社の入り口にある

池の周りに不老水を撒きました。

海側にある鳥居から上がる事、これが条件でした。綿津見神社からの龍神様をお連れしているからもあった

のだろうと思います。

人払いをしたくとも、次々と人が参拝されるし、ハラハラしましたが

人が途絶えたのと、午後3時になったのとで一気に水を撒き余った水は池の中に。

なんとか言われた事を成し遂げてほっとして家路に着きました。

何とかこの国が守られます様に。

3月は24日、27日も注意日

そして、5月、7月と注意月。12月も注意

2019年は要注意です。

自然災害ばかりでなく、虎視眈眈と狙われています。国の安全と命と財産が。
e0287115_20204298.jpg



by sakurakodama3 | 2019-03-23 20:21 | Comments(0)

ずっとお母さん

2019年3月19日(火)19:22

ロック歌手の内田裕也さんが亡くなられました。

樹木 希林さんが亡くなり、後を追う様に亡くなってしまわれました。

暴力もあり様々なトラブルがあったにも関わらず、離婚してもいい状況だったのに

離婚はされず、最後まで全うされました。

このお二人、夫婦というよりお母さんとやんちゃな息子

前世で親子であったけれど、多くの課題を残したままだったのでしょう。

今世では、覚悟を持って生き抜かれ最後まで逃げずにやり遂げられました。

希林さんは立派でした。

そのお母さんの大きな愛に包まれていたけど、やんちゃ坊主は最後までやんちゃでした。

夫婦でいても、次は親子や兄弟に生まれ変わる事も多いです。

その逆も多いですし、男と女が入れ替わる例も多くあります。

逃げか卒業かと離婚の場合色々と言われますが。

最後までりっぱなお母さんでした。

裕也さんも少しであるけど、わかっていたみたい。

若い時のインタビューで答えていました。『奥さんだけど、女として見れない』と。
e0287115_19360541.jpg


by sakurakodama3 | 2019-03-19 19:36 | Comments(0)

土地

2019年3月17日(日)14:27

小倉駅前や熊本市の中心地の商業施設が閉店になっています。

中心地で場所も良いのに何故と思う方も多いと思います。

小倉は、塚(墓)、熊本は庚申塚があったのかと推測します。

加えて、小倉は神功皇后様とお稲荷さんが一緒にごちゃごちゃに祭ってあるのも

大きな原因ではないかと思います。

あるブログの解説によると

庚申塚⇒(途中略)
頻繁にお店が変わったり、何をして
も流行らない店舗があるものです。頻繁にその場所だけ

庚申塚の石が昔、置かれて祭られていた場所が多いです。

庚申塚の大半が移動し廃棄されています。
問題は、移動させられた石の中に、太古からの太陽信仰の寄り代として
祭られた石が混在する事です。

線香3本の感謝供養を実践する事を、土地の所有者自身
が実行することです。 これも、縁なのです。
地元の神主さんによる、最初の地鎮祭は大事です。
土地に関わる存在に対して仁義を切り、地面をいらう事を
申し伝えます。
その後の、土地に関係する障りについては、
所有者や関係者自身が、供養や改善(掃除)

をしなければ、効果はありません。

頻繁に改装を行って、破壊⇒再生をすればいいのかもしれませんが

やはり訳ありの土地は、地主さん自身で地鎮祭や供養するのが良いようです。

e0287115_14471864.jpg


by sakurakodama3 | 2019-03-17 14:48 | Comments(0)

抑圧された民

2019年3月11日(月)19:36

土日と休みがあったのですが、仕事の下見で時間が出来ず、、、ブログの更新が出来ませんでした。

さて、県民性で悪口ではありませんが、、、

佐賀に関しては⇒佐賀の者が歩いた後(跡)は草も生えない と聞きました。

位置的に朝鮮半島に近いです。福岡もそうですが

古代においては、朝鮮半島からの騎馬族からの侵略⇒虐殺や抑圧(今のチベットと同じ)

外部からの敵から徹底的に抑圧されました。グウノ音も出ない位に

徹底的に押さえ込まれ、絶対服従を強いられました。

もちろん、古代には女性を首長とした(卑弥呼と言われる役職の巫女達)土着の人々が抗戦したのですが

武器(鉄の武器等)においては、かなり敵が優勢でした。

無残にも多くの民が殺されてしまいました。

そして、外部の者による侵略により統治されてしまったのです。

佐賀の人が辛抱強いと言われるのも、そういった悲しい歴史があるのかもしれません。


さて、今日は8年前に起きた東日本大震災の日です。

生中継で観た、津波やどうしようも出来ない事(助けてあげられないもどかしさ)

忘れないで、思い出して、備えて、今後の国難に

上からミサイルや隕石や宇宙のゴミが落ちてくる。

亡き人達の叫びが聞こえます。

e0287115_20011729.jpg

by sakurakodama3 | 2019-03-11 20:01 | Comments(0)

3月は要注意

2019年3月3日(日)14:50

国際状況も自然災害も3月は気が抜けない状況の様です。

国際状況ではあ、あの北の大将⇒世界中から暗殺で狙われているのに簡単に国外に行くのか?

次々と周りを殺していて、いつ自分が狙われるかもしれないのに易々と外国に行くのか?

耳の形が違う、あんなに笑うのか?小心者で怯える者が国外に行けるのか?等々

影武者が大勢いる様です。

どんでん返しでどんどんどんになるかもしれません。

おかしいよね。。。。ざわざわと北の国の民がざわついています。

そして自然災害。。。。。3月21日の春のお彼岸と27日が要注意です。

もちろん日本だけでなく、世界で

又今年は水ばかりでなく、火の年でもあるので火山にも注意です。

水や非常食の準備を備蓄しておいて下さい。

e0287115_15024093.jpg

by sakurakodama3 | 2019-03-03 15:03 | Comments(0)